スポンサーリンク


相続関係説明図と原本還付とは?

被相続人名義の不動産があるときには、相続登記(不動産の名義変更)が必要となります。

相続登記の際に法務局に戸籍や印鑑証明書などを提出することになりますが、これらは提出すると原本は返却されないのでしょうか?

相続登記のときに戸籍などの原本は返してもらえるの?

相続登記には原本還付という制度があります。

戸籍や遺産分割協議書などは、原本と共にコピーを提出すれば原本還付といって、原本を還付してもらえるのです。
ですので、銀行・証券会社等ほかの相続手続に書類を使い回すことができます。

この原本還付の方式は決められており、また相続関係説明図という書類が原本還付に大きく関わってきます。
このページでは、相続関係説明図と原本還付について解説いたします。

基本的に原本還付したいときは原本還付処理が必要!

まず、原則から説明します。
原本還付はこちらから「原本還付をします!」と申請をしないと原本還付されません。原本還付は以下のように申請します。

原本のコピーに「原本還付 原本に相違ありません 住所・氏名(印)」
この処理を原本還付処理といいます。

基本的に原本還付をするときは、上記のような原本還付処理をすることが必要なのですが、例外も認められています。

相続関係説明図を使えば戸籍の原本還付処理が不要に!

次に例外を説明します。

それは、相続登記をする際の戸籍関係一式についてです。
戸籍関係一式については、相続関係説明図を作成すれば原本還付ができます。(原本還付処理は不要)

相続関係説明図とは以下のような相続関係を説明した図です。

相続関係説明図・原本還付

相続関係説明図

相続関係説明図とは、相続関係・家族関係について説明した図です。

相続関係説明図には被相続人と相続人の情報を記載し、関係性がわかるように線で人と人をつないで図を作ります。
相続関係説明図を作成すれば、戸籍一式については原本還付が可能です。

なお、相続関係説明図はパソコンで作成しなければならないということはありません。手書きの相続関係説明図でも大丈夫です。

最後に、原本還付についての説明をまとめます。

相続関係説明図と原本還付について
・戸籍一式→相続関係説明図を提出すると当然に原本還付される。
・その他の相続書類(印鑑証明書・住民票・遺産分割協議書ほか)
 →原本還付処理をしないと原本還付されない。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ