スポンサーリンク


相続関係説明図(数次相続)の書式、書き方

相続登記には相続関係説明図が必要!

不動産の相続手続き(相続登記)をするとき、法務局に相続関係説明図の提出が必要です。

複数の相続(数次相続)の事例では、数次相続であることがわかるように数次相続特有の相続関係説明図の作成が必要です。

※数次相続=第1の相続が発生後、第2の相続が発生しているケースのこと。

相続関係説明図(数次相続)の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続関係説明図(数次相続)の書式・書き方を紹介します

【相続人が配偶者・孫の場合の相続関係説明図(数次相続)の書き方・書式】

相続関係説明図(数次相続)

相続関係説明図(数次相続)の書き方・書式

以上が相続関係説明図(数次相続)の書き方・書式となります。

相続関係説明図(数次相続)の作成方法

上記の相続関係説明図では第1の相続で配偶者と長女が相続人となり、その後長女に相続(数次相続)が発生しています。孫が数次相続人になっています。

数次相続の場合の相続関係説明図は、第1の相続が発生したこと、第2の相続(数次相続)が発生したこと、数次相続により最終的に相続人となる人の記載が必要です。

被相続人の本籍地・相続発生日等の情報、相続人の住所・生年月日・数次相続が発生したこと等を相続関係説明図で説明する必要があります。

当事者の関係性がわかるように線で相続関係を説明します。

そして、相続関係説明図の末尾に戸籍を還付する旨の文言が必要です。

相続をする人(遺産を承継する人)には、名前のところに相続と記載します。
相続しない人の名前のとなりには(分割)と関係説明図に記載してください。

ご自身で相続関係説明図(数次相続)を作成される場合に書式・書き方をお役立てください。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ