スポンサーリンク


相続関係説明図(特別受益者)の書式、書き方

(特別受益者の前提知識)
特別受益者=被相続人から生前に特別の受益を受けた相続人(住宅資金を出してもらった、生前贈与を受けたなど)のことを特別受益者といいます。

相続人に特別受益者がいる場合、遺産分割協議での中で分配方法を調整する方法が一般的です。
事例として稀なのですが、特別受益者証明書という書類を作る方法も認められています。

相続登記には相続関係説明図が必要!

不動産の相続登記の際には、相続関係説明図の作成が必要です。
相続関係説明図とは、相続関係(家族関係)を説明する図とお考えください。

特別受益者が含まれる場合の相続関係説明図は通常のものと少し書き方が異なります。

特別受益者であることを記載しましょう!

特別受益者(特別受益者証明書)を作成したときは、相続関係説明図において該当人物が特別受益者であることがわかるように記載する必要があります。

相続関係説明図(特別受益者)の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続関係説明図(特別受益者)の書式・書き方について

父が死亡し長男が住宅資金の生前贈与(=特別受益者)のケース

【長男が特別受益者の場合の相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式】

相続関係説明図(特別受益者)

相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式

以上が相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式となります。
以下、書類作成の方法について解説いたします。

相続関係説明図(特別受益者)の作成方法

上記の相続関係説明図(特別受益者)では、特別受益者である相続人のとなりに「特別受益者」と記載しています。
(特別受益者に該当するため相続しない旨をハッキリ書きましょう。)

このように、特別受益者証明書を作成したときのは、相続人が特別受益者に該当する旨を相続関係説明図に記載する必要があります。

相続関係説明図では、関係性が分かるように線で関係性を表現します。
そして、相続関係説明図の末尾に戸籍を還付する旨の文言が必要です。

相続をする人(遺産を承継する人)には、名前のところに相続と記載します。
相続しない人の名前のとなりには(分割)と関係説明図に記載してください。

特別受益者は遺産分割協議の参加しなくてよい

なお、特別受益者証明書(特別受益者)を作成した人物は遺産分割協議の当事者から外れます。
特別受益者を除く相続人全員で協議を行い、遺産分割協議書を作成します。

まとめ

ここまで「相続関係説明図(特別受益者)の書式・ひな形」を紹介いたしました。

ご自身で相続関係説明図(特別受益者)を作成される場合に書式・書き方お役立てください。


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ