スポンサーリンク


相続関係説明図(特別受益者)の書式、書き方

(特別受益者の前提知識)
特別受益者=被相続人から生前に特別の受益を受けた相続人(住宅資金を出してもらった、生前贈与を受けたなど)のことを特別受益者といいます。

相続登記には相続関係説明図が必要!

不動産の相続手続きのときには相続関係説明図という相続関係を説明する図を作成することが必要です。

相続人に特別受益者がいる場合、遺産分割協議で相続の内容を調整する方法が一般的ですが、特別受益者証明書という書類を作る方法も認められています。

特別受益者(特別受益者証明書)を作成したときは、相続関係説明図にも特別受益者であることがわかるように記載する必要があります。

相続関係説明図(特別受益者)の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続関係説明図(特別受益者)の書式・書き方について

・相続(特別受益者)の事例
父が死亡し長男が住宅資金の生前贈与(=特別受益者)のケース

【長男が特別受益者の場合の相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式】

相続関係説明図(特別受益者)

相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式

以上が相続関係説明図(特別受益者)の書き方・書式となります。

相続関係説明図(特別受益者)の作成方法

上記の相続関係説明図(特別受益者)では、特別受益者である相続人のとなりに「特別受益者」と記載しています。

このように、特別受益者証明書を作成したときの相続関係説明図は特別受益者であることを相続関係説明図に記載する必要があります。

相続関係説明図では、関係性が分かるように線で関係性を表現します。
そして、相続関係説明図の末尾に戸籍を還付する旨の文言が必要です。

特別受益者証明書(特別受益者)を作成したときの遺産分割協議は、特別受益者を除く相続人全員で協議します。

相続をする人(遺産を承継する人)には、名前のところに相続と記載します。
相続しない人の名前のとなりには(分割)と関係説明図に記載してください。

ご自身で相続関係説明図(特別受益者)を作成される場合に書式・書き方お役立てください。


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ