スポンサーリンク


相続人が海外在住(居住)のときは?

事例としては少ないですが「相続人の中に海外在住・海外居住の相続人がいる場合」も稀にございます。

このページでは、相続人が海外在住・居住の場合の相続について解説いたします。

前提知識:国内在住の相続人について

まず、日本国内に在住している相続人について解説いたします。

【相続に必要となる書類】

1.戸籍謄本

2.住民票又は戸籍の附票

3.印鑑証明書(遺産分割協議がある場合)

以上の3つが、日本国内の相続人の必要となる書類です。

海外在住(居住)の相続人の必要書類

海外在住・海外居住の相続人がいる場合には、以下の書類が必要となります。

1.戸籍謄本

2.在留証明書(海外在住・居住の相続人特有の書類)

3.サイン(署名)証明書(海外在住・居住の相続人特有の書類)

戸籍について

まず、戸籍についてです。戸籍は日本国籍を離れなければ、海外在住・海外居住であっても日本の本籍地において取得することができます。

そのため、海外在住・居住の相続人であっても通常の場合と変わりません。

在留証明書について

次に、在留証明書です。

在留証明書は、海外在住・海外居住の相続人の住所を証明する書面であり、日本の住民票・戸籍の附票に代わる書類となります。

在留証明書は、海外在住・居住の相続人が不動産の名義を取得する場合に必要となります。

そのため、相続人であるものの、不動産については相続しないといった場合には必要ありません。

なお、在留証明書は在住・居住している海外の日本領事館にて取得することができます。

サイン(署名)証明書について

最後に、サイン(署名)証明書です。

サイン証明書は海外在住・居住の相続人にとって日本の印鑑証明書に代わる書類となります。

遺産分割協議書を作成した場合には、日本国内の相続人は印鑑証明書を用意する必要があります。

この場合、海外在住・居住の相続人は、サイン証明書を用意する必要がございます。

サイン証明書は、在留証明書と同じく在住・居住している海外の日本領事館にて取得することができます。

注意すべき点として、相続人が領事の面前で署名をする必要があるため、事前に遺産分割協議書を海外在住・居住の相続人宛に郵送しておく必要があります。

このように、海外在住・海外居住の相続人がいる場合には、特別な書類が必要となりますので注意が必要です。

以上が、海外在住(居住)の相続人がいる場合についての解説です。

【海外在住の相続人がいる場合:まとめ】
・海外在住の相続に日本国内の住民票と印鑑証明書は発行されない
・海外在住の相続人には在留証明書・サイン証明書が必要


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ