スポンサーリンク


相続人のひとりが死亡してしまった場合は?

(前提知識)
数次相続:被相続人の死亡後、相続登記や遺産分割協議をしない間に相続人の一人が死亡してしまった場合の相続のこと。


相続が発生すると、相続人の全員で遺産の分け方についての話し合い(遺産分割協議)をすることになります。

ただ、相続発生後、相続手続きをすることなく長年そのまま放置されている方も多くいらっしゃいます。

相続を何年も放置していると、相続人のうちの一人が死亡する(=更に相続が発生する)ケースが考えられます。(数次相続)

このページでは、相続人の一人が死亡してしまった場合について解説します。

相続人のひとりが死亡:遺産相続の当事者について

相続手続きをしない間に、相続人のうち一人が死亡することがあります。
このようなケースを数次相続といい、死亡した相続人の相続人が遺産相続の当事者となります。

相続人のひとりが死亡したケース:具体例にて紹介します

具体的事例で解説をいたします。

【相続人のうち一人が死亡した事例】
平成15年に池袋幸夫が死亡、幸夫の相続人はキミ子、美智子の2人
平成27年に美智子が死亡、美智子の相続人は美雪の一人

相続人のひとりが死亡したとき

相続人のひとりが死亡してしまった場合

上記のように、相続人のうちの一人が死亡しているときは「相続人の相続人」が遺産相続の当事者となります。

今回の例でいえば、キミ子と美雪が遺産分割協議をして相続を進めることになります。

実際に起こりうる相続人死亡の事例はもっと複雑なことが多い!

今回、具体例で示したのはごく単純な事例です。
実際に起こりうることは、とても複雑になります。

何十年も前の相続が放置されている場合には、当時の相続人の大半が死亡しており、その結果「相続人が20人、30人」となってしまいます。

相続人が大人数になると、相続をまとめるのがとても大変です。
・通常よりも時間・労力がかかる。
・通常よりも費用が多くかかる。
・面識の無い相続人がいると、話し合い(遺産分割協議)をまとめるのが難しい。
・遺産分割協議がまとまらないと、調停・審判など裁判手続きが必要になる。

相続を放置してしまうと、相続人のうち死亡する人がでてきます。

上記のような危険性があるため、相続は現在の相続人の構成が変わらないうちに済ませることが良いでしょう。

以上が、相続人のうち一人が死亡している場合の解説です。

【相続人のうち一人が死亡している場合のまとめ】
・相続権は相続人の相続人に移る。
・相続を放置していると、相続人の一人が死亡し複雑な相続になってしまう。


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ