スポンサーリンク


相続登記の委任状の書式、書き方、ひな形

相続登記の申請人となるのは「不動産を相続する方」です。

不動産取得者が1人のときは、その人が単独で相続登記を申請します。
また、共同相続とする場合(Aさん2分の1、Bさん2分の1)には、2人揃って登記申請することが一般的です。

相続登記を他の共同相続人にお願いするときは、委任状が必要です

Aさん2分の1、Bさん2分の1の割合で相続登記をするケース

相続登記を自分たちで行う(司法書士に依頼しない)ことを想定して解説いたします。

上記の事例では、2人揃って登記申請することが一般的です。
しかし、事情によっては他の共同相続人に手続きを任せるケースもあると思います。

Aさんが相続登記の申請を他の相続人(Bさん)に委任する場合、「相続登記の委任状」が必要です。

以下、相続登記の委任状の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

相続登記の委任状の書式・ひな形を紹介します

他の共同相続人に申請を委任する場合の相続登記の委任状

相続登記委任状

東京都豊島区池袋○丁目○番○号
豊島 花子
(↑↑相続登記を委任する人の情報を記入↑↑)

私は、上記の者を代理人と定め、下記事項に関する一切の権限を委任する。

1.後記不動産に対する所有権移転登記を申請する一切の件

原因 平成○○年○月○日 相続
被相続人 豊島 一郎
相続人
東京都豊島区池袋○丁目○番○号 持分4分の2 豊島花子
東京都練馬区練馬○丁目○番○号   4分の1 練馬さとみ
東京都板橋区板橋○丁目○番○号   4分の1 板橋洋子

1.登記識別情報受領に関する一切の件

1.原本還付請求に関する一切の件

1.登記識別情報の暗号化並びに復号化に関する一切の件

1.登記に係る登録免許税の還付金の受領に関する一切の件

平成○○年○月○日

委任者
東京都練馬区練馬○丁目○番○号 練馬 さとみ(認印)
東京都板橋区板橋○丁目○番○号 板橋 洋子(認印)

不動産の表示(省略)

以上が相続登記の委任状の書式・雛形・書き方の例となります。
以下、書類作成にあたってのポイントを解説いたします。

相続登記委任状の作成方法

書類作成にあたっていくつかポイント(注意点)があります。

1.委任事項の記載について

委任状の一番重要な部分「委任内容」についは、上記ひな形を参考に作成してください。

委任事項として一番重要な部分

1.後記不動産に対する所有権移転登記を申請する一切の件
原因 平成○○年○月○日 相続
被相続人 A
相続人
東京都豊島区池袋○丁目○番○号 持分2分の2 B
東京都練馬区練馬○丁目○番○号   2分の1 C

はこの部分です。このように記載してください。

2.不動産の表示

委任状には「不動産の表示」を盛り込んでください。(忘れる方が多い)

不動産表示は、登記簿謄本を見ながら正確に記載してください。
不動産の正しい記述方法の解説ページ

委任状の押印について

相続登記の委任状には、委任者の署名押印が必要です。
住所・氏名を記入し、名前の脇に押印をしてください。

相続登記の委任状については認印での押印でも問題ありません。
(遺産分割協議書は実印での押印が必要です。)

司法書士に委任する場合は?

ここまでは「相続人の方が自分たちで手続きする場合」を想定して説明をしてきました。

ただ、中には「自分でやるのは大変なので専門家に任せたい!」という方もいらっしゃると思います。

相続登記の専門家は「司法書士」です。
専門家に登記申請をお願いしたいというときは司法書士に相談すればよいでしょう。

【司法書士が委任状ほか各書類を作成します】
司法書士に委任する場合にも、委任状が必要になります。
なお、この場合委任状は司法書士側で作成してくれます。そのため依頼者側は自分で書類作成の必要はありません。(署名押印するだけ)

まとめ

ここまで「相続登記委任状の書式・ひな形」を解説いたしました。
ご自身で申請書類を作成される場合、参考書式・ひな形ページとしてお役立てください。

・他の共同相続人に相続登記の申請をお願いするとき=委任状が必要
・委任状には署名押印:認印でOK


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ