スポンサーリンク


相続登記の上申書の書式、書き方

相続登記に上申書が必要になるとき

相続登記の際には、亡くなった方の住民票の除票又は戸籍の附票が必要です。
「亡くなった方の死亡時の住所」と「不動産登記簿に記載されている住所」を照らし合わせ同一人物であることを証明するためです。

しかし、住民票の除票と戸籍の附票は保存期間があり死亡時から5年を超えていると保存期間の満了により廃棄されていることが珍しくありません。

(都内だとほとんど5年で廃棄されています。地方の役所ですと5年を経過していても保存されていることがあります。)

そのため、5年以上前に発生した相続手続きをする場合には住民票の除票・戸籍の附票を添付できない可能性がございます。(上申書がいる)

このような場合の相続登記は、上申書という特殊な書類を法務局へ提出することが必要です。

相続登記に関する上申書を作成し、法務局に相続登記の上申書と権利証のコピーを提出することで相続登記を進めることができます。
※各法務局により取扱いが異なるため、上申書について事前に確認することをお勧めいたします。

相続登記の上申書の書式・書き方を紹介します

相続登記の上申書の書式・書き方・雛形を紹介いたします。

【住民票の除票・戸籍の附票が廃棄されている場合の相続登記上申書】

上申書

住民票の除票及び戸籍の附票が保存期間満了により廃棄されているため添付することができないが、下記不動産の登記名義人と下記被相続人は同一人物である旨を上申いたします。

【登記名義人の表示】
東京法務局豊島出張所受付平成○年○月〇日第○○○号
住所 東京都豊島区池袋○丁目○番○号
氏名 豊島 純一

【被相続人の表示】
本籍 東京都練馬区練馬○番地
住所 東京都豊島区池袋○丁目○番○号
氏名 豊島 純一

平成28年○月〇日
東京都豊島区池袋○丁目○番○号 池袋 さとみ(認印)

不動産の表示(省略)

以上が相続登記の上申書の書き方・書式となります。

相続登記の上申書はあくまでも例外的に必要となる書類です

上申書は通常の相続登記では必要ではありません。あくまでも上記で解説した特殊な事例のみです。

ご自身で相続登記上申書を作成される場合には上記書式をお役立てください。

【相続登記の上申書まとめ】
・住民票の除票・戸籍の附票の取得が出来ないとき=上申書が必要になる
・通常は上申書はいらない
・各法務局により取扱いが異なるので、事前に相談を


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ