相続登記の申請に身分証コピーの提出は必要?

不動産所有者が死亡した場合には相続登記が必要です。
相続登記の申請は不動産所在地の法務局に対して行うものです。

その際の提出書類は法律により定められています。
では、登記申請にあたって身分証明書は必要となるのでしょうか?

このページでは「相続登記時に身分証のコピーは必要か?」について解説いたします。

相続登記の必要書類

相続登記の際は事前に必要書類を準備しなければなりません。
事例に応じて必要書類は変わりますが、まず代表例を説明したいと思います。

役所で取得する書類

・故人の出生~死亡までの戸籍謄本(改正原戸籍・除籍)
・故人の住民票除票(または戸籍の附票)
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・不動産取得者の住民票
・対象不動産の固定資産評価証明書

役所で取得していただく必要書類の代表例は上記のとおりとなります。

事例によっては、「不在籍不在住証明書・相続放棄受理証明書」等も含まれますが、レアケースのためここでの説明は割愛します。

申請人が作成する書類

次に、申請人にて作成が必要な書類を解説します。

・相続登記の登記申請書
・遺産分割協議書
・相続関係説明図

といった書類が代表例です。
これらの書類は、役所で交付されるものではありません。

したがって、相続人自身(または司法書士などの代理人)が作成することになります。

なお、法務局のHPに書式例がダウンロードできるようになっています。
こちらを参考にすると、効率良く書類準備が進むと思います。

身分証明書(運転免許証など)は必要書類に含まれない

さて、このページの本題です。

ここまで代表的な相続登記の必要書類を説明してきました。
この中に「身分証明書原本」「身分証明書の写し」といった条項はありませんでしたね。

そうです。
相続登記の際は身分証明書の提出は求められていないのです。

これは全国一律の統一された取扱いです。
(「○○地方の○法務局では身分証が必要」ということはありません!)

本人確認書類はいらない!

相続登記の申請にあたって、

・運転免許証(運転経歴証明書)
・健康保険証
・マイナンバーカード
・年金手帳
・パスポート

といった、本人確認書類の提出は求められておりません。
したがって、これらの書類は準備しなくてOKです。

原本も「コピー」も提出不要です。

提示も不要です!

相続登記申請時は、法務局窓口に出向いて申請をされる方が多いと思います。
その際に、身分証の提示を求められることもありません。

身分証は「提出・提示」どちらも不要という取扱いになります。

補足:法務局の窓口相談時には身分証が必要です

ここまで「登記申請時に身分証は不要」と説明してきました。
この結論は例外のない取扱いです。

ここから少し、補足事項について解説いたします。
登記申請自体ではありませんが、現在法務局では資格者でない一般市民向けに「窓口での対面相談」を実施しております。

これは、事前予約さえすれば誰でも無料で受けることができるものです。
(東京管内の取扱い)

実は、この際には身分証明書の提示が求められています。

本人確認&申請権限の確認のため

窓口相談での本人確認は「本人確認&申請権限」のチェックのためです。

・窓口相談に来た人物が確かに予約した本人なのか?
・窓口相談に来た人物に申請権限があるのか?(全くの関係のない第三者では窓口相談を受けれない!)

などを確認しているようです。

まとめ

ここまで「相続登記時に身分証コピーの提出は必要なのか」について解説いたしました。
身分証は必要なしと覚えていただき、今後の相続登記にお役立てください。

・登記申請に身分証明書は必要なし
(運転免許証・保険証・パスポートなどは提出不要!)
・身分証は提示も不要
・窓口相談時は確認のため提示が必要


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ