スポンサーリンク


山林(森林)の相続とは?

被相続人が山林(森林)を所有されていたケースがございます。
そのようなときは、なるべく早く山林の相続手続きを進める必要があります。
なぜなら、山林の相続は90日以内という期限が定められているからです。

山林(森林)は不動産なので、不動産の相続手続きをすればOKなのですが、宅地や建物と異なる山林特有の手続きがあるため要注意です。
具体的には、山林(森林)は「相続登記」・「市町村への届出」が必要です。

このページでは、山林(森林)の相続について解説いたします。

山林の相続手続きに必要なこと

山林(森林)の相続をするとき、主に2つの手続きが必要となります。
1.山林(森林)の相続登記(=不動産の名義変更のこと)
2.市町村への山林(森林)の届出

山林以外の不動産(建物や宅地)の相続のときには、1の相続登記のみ行えばOKなのですが、山林の場合には市町村への届出も必須となります。
以下、山林(森林)の相続について詳しく説明いたします。

1.山林(森林)の相続登記について

法務局での山林(森林)の名義変更手続きのことを相続登記をいいます。
戸籍や印鑑証明書などの必要書類を集めて司法書士又は相続人の方が法務局に山林(森林)の相続登記を申請することになります。

なお、相続登記には90日という期限はございません。
ただ、なるべく早く山林の相続登記をしておくことをお勧めいたします。

2.市町村への届出について

山林(森林)の相続では、90日以内に市町村への届出が必要になります。
※平成24年4月1日、森林法が改正され届出が必要になりました。

ただ、相続発生後90日というのはあっという間に過ぎてしまいます。
その間に、遺産分割協議(=遺産についての話し合い)が整わないということも大変多いです。

遺産分割協議が完了、未了によって市町村への届出が少々異なります。

(90日以内に山林の遺産分割協議をしていない場合)

90日以内に相続人の共有物として市町村に届出をしなければなりません。
「各相続人が、それぞれ自分の相続分割合で山林の届出をする」又は、
「相続人の連名で山林の届出をする」というようになります。

なお、その後山林について遺産分割協議をしたときは、遺産分割協議終了の日から90日以内にその旨の届出が要ります。

(90日以内に山林の遺産分割協議をしている場合)

このときは、山林を相続することになった相続人が、90日以内に市町村に山林について届出をすればOKです。

なお、市町村により取扱いが異なるところがありますので、山林のある市町村に確認をすることをお勧めいたします。

以上が、山林(森林)の相続についての解説となります。

山林(森林)の相続のまとめ
・山林(森林)の相続手続きは主に2つある。
・ひとつめは、相続登記(山林の名義変更)
・もうひとつは、90日以内に市町村への山林の届出。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ