スポンサーリンク


抵当権抹消と相続登記の関係は?

抵当権とは?
抵当権:住宅ローンを組むと土地・建物に「抵当権」が付けられます。
抵当権抹消とは、住宅ローン完済により抵当権(担保)を抹消する登記のこと。


相続登記のご依頼をいただく時に、不動産に抵当権が付いている場合をよく見かけます。
既に住宅ローンの支払いを終えている場合は、相続登記と併せて抵当権抹消登記も必要となります。

このページでは、抵当権抹消と相続登記について解説いたします。

抵当権抹消と相続登記の手続き方法

抵当権抹消と相続登記ですが、相続発生前にローンを完済したのか、相続発生後なのかによって少し手続きに違いがあります。

【相続発生前に住宅ローンを完済している】
既にローンを完済しているのに、抵当権抹消をしないまま相続が発生したような事例です。
このときは、①相続登記→②抵当権抹消という流れが一般的です。

ただ、「遺産分割協議が上手くまとまらない」・「相続登記をいつできるかわからない」といった不安要素があるときには、相続登記を経ることなく抵当権抹消を先にしておくことも可能です。この場合、抵当権抹消は相続人の中の一人から登記申請が認められています。

【相続発生後に住宅ローンを完済している】
住宅ローン返済中に債務者(=不動産の所有者)に相続が発生し、団信(団体信用生命保険)で住宅ローンを完済したような事例です。
このときは、①相続登記→②抵当権抹消という流れになります。

「①相続登記→②抵当権抹消」という順番は、先に説明した相続発生前に住宅ローンを完済している場合と同じです。

相続発生前に住宅ローンを完済している事例と異なる点

相続発生前に完済している時は、相続登記を経ることなく先に抵当権抹消をすることも可能です。しかし、相続発生後に住宅ローンを完済したときには、必ず①相続登記→②抵当権抹消という順番でないといけません。

以上が、抵当権抹消・相続登記についての解説となります。
【抵当権抹消と相続登記のまとめ】
・原則、①相続登記→②抵当権抹消
・相続発生前にローン完済していると、相続登記を経ずに抵当権抹消も可能


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ