スポンサーリンク


相続税の申告期限に遺産分割協議まとまらない時は?

相続財産が基礎控除を超える場合には相続税の申告が必要です。
相続税の申告期限は10ヶ月と定められています。

また、相続が発生したときは遺産の分割方法について遺産分割協議をしなければいけません。

相続税の申告期限のうちに遺産分割協議がまとまらない場合はどうすればよいのでしょうか?

このページでは、相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合について解説いたします。

【相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合】
この場合は、遺産分割協議がまとまるまで相続税の申告は不要になるのでしょうか?いいえ、そうではありません。

遺産分割協議がまとまらないからといって相続税の申告期限を過ぎてしまうと加算税・延滞税などが発生し相続税の負担が大きくなってしまいます。

相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない時であっても申告期限内に相続税の申告が必要です。

このときは、法定相続分で相続したものと仮定して申告期限内に相続税の申告・納税を行います。

遺産分割協議がまとまらないからといって申告期限が延長されるわけではありませんので注意してください。

【相続税の申告後に遺産分割協議がまとまったとき】
申告期限内に法定相続分に従って相続税の申告を済ませた後の話になります。

その後、遺産分割協議がまとまったときには、現実に取得した相続税の課税価格に従って計算をし直すことになります。

遺産分割協議により相続税の申告額に不足がある→修正申告
遺産分割協議により相続税を過大に申告していた→更正の請求
をすることになります。

【相続税の特例の適用について】
(配偶者の税額軽減の特例・小規模宅地の課税価格の特例)
上記の相続税の特例は相続税の金額を大きく減らすことのできる措置です。

相続税の申告期限のあと3年以内に遺産分割協議ができれば、修正申告・更正の請求により上記の特例の適用を受けることが出来ます。

(農地の相続税の納税猶予・相続税の取得費加算の特例・事業承継による納税猶予の特例・物納)

相続税の申告期限に遺産分割協議がまとまらない場合、これらの相続税の特例は適用されませんので注意が必要です。

以上が、相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない場合の解説です。

【まとめ:相続税の申告期限までに遺産分割協議がまとまらない
・遺産分割協議まとまらない→申告期限までに法定相続分による相続税申告
・申告期限の後に遺産分割協議がまとまった時は、修正申告・更正の請求
・相続税の特例について適用できるもの・できないものがある


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ