スポンサーリンク


推定相続人と法定相続人の違い

遺産相続の場面で相続権を持つ人のことを「相続人」と呼びます。

相続人という用語に対して

・推定相続人
・法定相続人

という似たような言葉が2つ存在しています。
これらの違いは何なのでしょうか?

このページでは「推定相続人と法定相続人の違い」について解説いたします。

推定相続人と法定相続人の相違点

以下、いくつかの相違点について説明いたします。

推定相続人は相続発生「前」

推定相続人は相続発生「前」の話です。

推定相続人とは、

・いま現在生きている人物が、急に死亡したと仮定して
・現時点で相続人に該当する人(推定される人)

のことを指します。

また、相続対象者が存命のときは、まだ相続は発生していません。
あくまで「推定される」相続人ということで「推定相続人」と呼ばれます。

簡単な具体例で説明します。

推定相続人と法定相続人の相違点

上記の図で、Aさんは今現在は元気です。

もし仮に、Aさんが急死した場合、相続人は

・妻B
・長男C
・次男D

となります。
そのため、この3人は現時点では「推定相続人」です。

【親族状況により推定相続人は変化する】
推定相続人は、あくまでも「現時点」で推定される相続人です。

この先、

・配偶者との離婚・再婚・死別
・子との死別
・相続欠格
・相続廃除

などの事情が発生すると、その度に推定相続人は変化します。

相続発生までは、相続権(相続人)が確定することはありません。

法定相続人は相続発生「後」

これに対し、法定相続人は相続発生「後」の話です。

遺産相続において相続権を持つ人物は、法律により規定されています。

推定相続と法定相続の違い

上記の例で、Aさんが死亡した場合には、

・配偶者相続人:妻B
・血族第1順位相続人:子C、D

が法定相続人に該当します。

繰り返しになりますが、法定相続人は「相続発生後」の話です。
推定レベルではなく、相続権は確定しています

【法定相続人は、その後変化することは少ない】
法定相続人は確定した相続人です。
そのため、法定相続人が変化するというケースは少ないです。
(推定相続人は、家族状況の変化に応じてコロコロと変化します。)

ただ、

・相続人が相続放棄をした
・2次相続の発生
・相続欠格
・相続廃除

などの事情がある場合には、法定相続人が変化することも考えられます。

推定相続人と法定相続人の権利の違い

次に推定相続人と法定相続人の持つ「権利の違い」について解説いたします。
推定相続人と法定相続人とでは、その内容が全く異なります。

推定相続人は相続人ではない=権利なし

推定相続人は、「いま現在生きている人物が、急に死亡したと仮定して相続人に該当する人(推定される人)」人物です。

これは、あくまで推定です。
相続発生までは、相続権が確定することはありません。

推定相続人が持っているのは「将来相続権を取得できるかもしれない」という期待権に過ぎません
その結果、推定相続人は具体的権利は何もないという結論になります。

生前に「推定相続人であるからといって」、親の資産の処分等は当然ですが認められません。

法定相続人は権利が確定している=権利あり

これに対して、法定相続人は相続発生後であるため、相続人であることが確定しています。

遺産相続の発生により、故人の一切の権利義務が相続人に承継されます。すなわち、法定相続人には「具体的な権利がある」のです。

具体的には

・資産を承継する
・親名義だった財産(遺産)を売却換価する

といったことができるようになります。

まとめ

ここまで「推定相続人と法定相続人の違い」について解説しました。
このページの内容をご理解いただき、今後の相続手続きにお役立てください。

・推定相続人は相続発生「前」
・法定相続人は相続発生「後」
・推定相続人には具体的権利「なし」
・法定相続人には具体的権利「あり」


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

・税理士、弁護士、行政書士の先生方へ(司法書士分野のお手伝い)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ