スポンサーリンク


数次相続と代襲相続とは?

相続登記・相続手続きを進める際に、複数の相続が発生して事例が複雑になっている場合が多々あります。

この場合は、「数次相続」又は「代襲相続」が発生している事例と言えます。

相続が発生する順番によって数次相続・代襲相続と呼び方が変わります。

このページでは、数次相続・代襲相続について解説いたします。

数次相続とは

まず、数次相続です。
数次相続とは、「被相続人の死亡後、相続登記や遺産分割協議をしない間に相続人が死亡してしまった場合の相続」です。

具体的な数次相続の事例は、祖父Aが亡くなった後、遺産分割協議をしない間にB(Aの息子)が亡くなってしまった場合です。

この場合、Aの死亡によってBが相続した権利はBの相続人であるC(Bの息子・Aの孫)へ帰属します。

なお、数次相続の際に作成する遺産分割協議書には、数次相続特有の記載として誰の相続人として協議に参加しているのかを記載する必要があります。
(例:B相続人C)

代襲相続とは

次に、代襲相続です。代襲相続とは、「被相続人の死亡以前に相続人が死亡してしまった場合の相続」です。

代襲相続の具体的な事例は、祖母Aが亡くなる以前に、B(Aの娘)が亡くなっている場合です。

この場合のAの相続人は、C(Bの娘・Aの孫)となります。

CがBを代襲して相続人となるということです(代襲相続人)。

なお、AとBが同時に死亡した場合(不慮の事故など)には、代襲相続が発生する事となります。

代襲相続であっても普通の相続と相続分は同じです。

数次相続と代襲相続のとき:名義変更手続きが複雑になる

数字相続や代襲相続の事例では、各種名義変更手続きが少々複雑になります。

数次相続や代襲相続に該当するときは、手続きが複雑となるため第三者(専門家)の意見を参考に進めていくことが良いでしょう。

以上が、数次相続と代襲相続についての解説です。

数次相続と代襲相続のまとめ
・数次相続=相続発生後に相続人が死亡しているケース
・代襲相続=相続発生前に相続人が死亡しているケース
・複数の相続が発生している(数次相続・代襲相続)のケースは複雑なので手続きが難しい


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ