トップページ:日本みらいと司法書士事務所(東京・池袋)

故人と同じ証券会社での口座開設が必要?

故人の遺産に「株式」が含まれることがあります。
株式は証券会社等の口座にて管理されているものです。

相続する人は証券口座の開設が必要なります。

では、どの会社で口座を作ればよいのでしょうか?
故人と同じ証券会社での口座開設が必要なのでしょうか?

このページでは「故人と同じ証券会社での口座開設が必要か」について解説いたします。

株式を相続するには証券口座が必要

株式は、

・証券会社の証券口座
・信託銀行の特定口座

といったところで管理されています。

故人も株式を保有する際は、どちらかの口座を開設しているはずです。
詳細は、証券会社(信託銀行)から毎年送られてくる郵送物を確認すれば把握できます。

証券口座は「株式を入れる箱」

相続人の方が株式を引き継ぐ場合には、証券口座の開設が必要となります。
証券口座は「株式を入れる箱」となるのです。

「株式を入れる箱」として証券口座の開設は必須となります。

株式を相続しない人=開設不要

なお、証券口座開設は「株式を相続する人のみ」必要です。
株式を承継しない方は、相続人であっても証券口座開設は不要です。

では、開設にあたってどの証券会社で口座開設が必要なのでしょうか?
故人と同じ会社で開設が必要なのでしょうか?

相続人が口座開設すべき証券会社とは?

さて、このページの本題です。

相続人がどの証券会社で口座開設をするかは、故人が

・証券会社の証券口座
・信託銀行の特定口座

のどちらを使用していたかによって結論が分かれます。

以下、それぞれのケースごとに詳しく解説いたします。

1.故人が証券会社の口座で運用していた場合

この場合は、相続人の方は「故人と同じ会社の口座」が必要です。

(故人が証券会社の口座を持っているときは、「故人と同じ証券会社」で口座開設をする必要があるということです。)

簡単に説明すると、

・故人が野村證券に株式あり→相続人は野村證券の口座開設必要
・大和証券に株式あり→大和証券に口座開設必要

となります。

証券会社の数だけ口座開設が必要!

故人が複数の証券会社を利用していたときは、その会社数だけ証券口座の開設が必要になります。

少し面倒ですが、これは必要な作業なのでどうしようもありません。

2.故人が信託銀行の特定口座にて運用していた場合

反対に、故人が「信託銀行の特定口座」で株式を保有していることがあります。
この場合も、先ほどと同じく相続人は証券口座の開設が必要です。

ただし、証券会社名は問いません
つまり、どの証券会社でも良いということなのです。
(この点は先ほどとは真逆となります。)

・故人が三井住友信託銀行に株式あり→相続人の開設する証券口座はどの会社もOK
・ほか信託銀行にて株式あり→同じくどこの会社の証券口座でもOK

となります。

証券口座開設は1つのみでOK

信託銀行の場合は「どの証券会社の口座でもOK」という取扱いです。

そのため、故人が複数の信託銀行口座で株を保有していた場合でも、相続人の開設する証券口座は1つのみで大丈夫です。

証券会社と信託銀行によって結論が異なる

上記の説明をまとめると、

・証券会社の口座→相続人は故人と同じ証券会社で口座開設必要
・信託銀行の口座→どの証券会社で口座開設してもOK

となります。

まとめ

ここまで「株式を相続する場合に相続人が開設すべき証券口座」について説明いたしました。
証券会社・信託銀行によって結論が分かれることをご理解いただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・株式を相続する際は証券口座が必要
・証券口座は「株式を入れる箱」として必須である
・故人が証券会社の口座→相続人は故人と同じ証券会社で口座開設
・故人が信託銀行の口座→相続人はどの証券会社でもOK
(故人と別の証券会社に口座開設しても大丈夫ということ)


・トップページ(日本みらいと司法書士事務所:椎名秀樹)

皆様にお届けする相続手続きサポートの詳細

(お手続きの流れ、必要書類のご案内、費用)をまとめたページです。
下記ページを見ていただくと、サポート内容の全てがわかります。

相続手続きサポート(不動産名義変更・銀行預金・株式ほか)

サブコンテンツ

このページの先頭へ