スポンサーリンク


豊島区千早での相続登記(不動産名義変更)

このページでは当事務所にて担当させていただいたお客様相続解決事例をご紹介しています。

今回は豊島区千早での建物相続登記の事例の紹介です。

当事務所に相談に来る前のお客様の状況

お客様は東京都豊島区千早にお住まいの方です。最寄駅でいうと千川駅のあたりでしょうか。

これまでご主人様・お客様(奥様)のお二人で自宅(戸建)に住んでいらっしゃいました。
お子様は既に独立されているものの近所に住んでいるという状況です。

夫婦そろって80代でしたが、これまでは大きな病気もせず大変お元気であったようです。
ところが、先日ご主人様が突然お亡くなりになったようでした。

突然のことなので全く何も準備しておらず最初は手続きに本当に戸惑ったとのことです。

ご主人様の大きな遺産としては

1.豊島区千早のご自宅
2.ご実家(関西)の不動産

がありました。

今回、関西の不動産については売却する予定でしたので、まずそちらを先に手を付けたようです。
売却がどんどん進んでいく中「不動産売却に関する税金」の申告が必要なことがわかり、自宅周辺で税理士を探し始めたとのことです。

とくに税理士の知り合いもいなかったためタウンページにて税理士事務所を検索し「当事務所とお付き合いのある税理士事務所」にご相談に行かれたようです。

その後、豊島区千早のご自宅の相続登記(名義変更)について税理士さんからご紹介を受ける形になりました。

当事務所との接点:サポート内容

提携税理士からお客様の紹介を受けお客様にご連絡をさせていただきました。

まず、「お見積書・必要書類一覧」をメールにてご案内いたしました。
協議の結果、戸籍謄本などの必要書類は全てお客様にて準備していただく運びとなりました。

【約2週間後】
その後事務所宛に必要書類が揃った旨のご連絡を頂きました。
全ての書類が豊島区管轄であったため大変スムーズに書類集めが終わったとのことでした。

【相続書類の作成・調印】
必要書類の準備が終わると、次は相続書類の作成と調印です。

司法書士にて

・遺産分割協議書
・相続登記用委任状

の書類を作成しお客様のご自宅に郵送いたしました。

週末にお子様が家に来るのでその時に調印を貰うということお話でした。

ご自宅への訪問・相続登記の申請

早速週明けに書類一式の調印が済んだ旨のご連絡をいただきました。
これで書類の準備はほとんどOKです。

郵送で送っていただいても良かったのですが、まだこれまで一度もお会いしていないこともありご自宅にお伺いしその際に書類を回収することにいたいました。

お客様ののご自宅は豊島区千早で当事務所からの近いので連絡をしてすぐにお伺いいたしました。

その際に集めていただいた戸籍等に不足が無いかチェックし、全ての書類が揃っていることを確認いたしました。

【相続登記(名義変更)の申請】
その後事務所に戻り、相続登記申請書を作成いたしました。

相続登記の申請では

・相続登記申請書
・戸籍などの必要書類

を併せて法務局に提出します。

書類の作成が終わり、その日のうちの東京法務局豊島出張所に持ち込みました。
これより、約1週間で登記(名義変更)が完了します。

無事に手続き完了!!

約1週間後、無事に相続登記が完了いたいました。

その後法務局にて「権利証・不動産謄本」などを司法書士が受領いたしました。

その後、お客様にご連絡し「豊島区千早のご自宅についての完了書類一式」をお届けいたしました。
「無事手続きが完了して良かったです。ありがとうございました。」とおっしゃっていただき大変嬉しく思いました。

お客様としても身近に相談できる「司法書士」がこれまでいないようでしたので、今後相談できる人ができて良かったと仰っていました。

ご自宅が事務所に近いこともあり、今後とも仲良くお付き合いさせていただければと思います。

以上が、豊島区千早の自宅の相続登記の事例でした。
ご自身の抱えている状況と近い状況がありあしたら、ご参考にしてください。

お客様にしていただいたこと

1.戸籍謄本など必要書類の取得
2.当事務所が作成した書類への押印

当事務所が代行したこと

1.遺産分割協議書、相続登記用委任状の作成
3.相続登記(名義変更)の申請
ほか全ての諸手続き

司法書士報酬・費用について

【報酬について】
相続登記代行:約7万円

【実費について】
登録免許税ほか:約1万円
(法務局への税金)


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ