スポンサーリンク


土地・建物の登記簿謄本の取得方法・取り方

相続登記の際には、被相続人がどこに不動産を所有していたのかを登記簿謄本を取得し事前に調査する必要がございます。

相続登記の対象となる登記簿謄本は法務局に情報があり、法務局にて土地及び建物の登記簿謄本を取得することが可能です。

なお、登記簿謄本の請求用紙は決まっており、法務省のHPよりダウンロードすることが出来ます。

このページでは、登記簿謄本の取得方法・取り方、登記簿謄本請求用紙の記入方法について紹介したいと思います。

登記簿謄本請求用紙の書き方

1.中央上にある「住所・フリガナ・氏名」を記入します。
2.土地・建物の種別の欄で、どちらかにチェックを付けます。
3.市区町村名・町名・丁目・地番を記入します。建物の場合は、家屋番号を記入します。
4.請求通数を記入します。
5.下部にある「登記事項証明書・謄本(土地・建物)」の欄にチェックをつけます。

登記簿謄本請求用紙の基本的な記入方法については、以上です。

記入が済みましたら最寄りの法務局の窓口に請求用紙を提出すると、5分程度で登記簿謄本が取得できます。

(北海道の不動産であっても、最寄りの法務局で最新の登記簿謄本を取得することができます。)

なお、郵送による取得方法も可能ですので、法務局まで出向かなくても登記簿謄本を取得することができます。

登記簿謄本を取得するときの注意点:住所と地番・家屋番号は違います

※地番や家屋番号は、住所の表示とは異なります。そのため、住所を記載した場合、正確な登記簿謄本を取得することが出来ない場合がございます。

対応方法としては、法務局に電話をし「住所から地番・家屋番号を照会したいのですが」と言っていただけると正確な地番・家屋番号を教えてくれます。

なお、納税通知書・評価証明書・登記済権利証がお手元にある場合、そちらに地番・家屋番号が記載されていますのでご参照ください。

登記簿謄本取得にかかる実費

登記簿謄本の取得には収入印紙での支払いが必要です。

登記簿謄本1通=600円となっております。なお、法務局内に印紙売場がありますので、そちらで購入すれば良いでしょう。

以上が、登記簿謄本の取得方法となります。
ご自身で登記簿謄本を取得される場合にお役立てください。

【登記簿謄本の取得方法まとめ】
・法務局にある請求用紙を書く(HPにてダウンロードすることも可能)
・必要事項を記入し窓口に提出または郵送
・登記簿謄本の取得は1通600円


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ