スポンサーリンク


連れ子の相続権と相続分は?

相続があったときに、いちばん最初にするべきことが「相続人の確定」です。

被相続人に血縁関係のない連れ子がいるといったケースが稀にございます。

連れ子に相続権・相続分はあるのでしょうか?

このページでは、連れ子の相続権と相続分について解説いたします。

連れ子の相続権は、養子縁組の有無により結論が分かれます

連れ子に相続権・相続分があるかどうかは、養子縁組の有無によって結論が分かれます。

(連れ子の相続権・相続分の前提知識)
第1順位の相続人は自分の「子」です。=子は相続権・相続分を持つ。

以下、具体的事例をもとに連れ子の相続権・相続分について解説いたします。

【相続事例:被相続人Aには配偶者B、子C、婚姻時のBの連れ子Dがいる】

このとき、配偶者B・子Cは当然に相続権・相続分があります。
問題は連れ子のDの相続権と相続分です。

連れ子の相続権・相続分は、養子縁組の有無によって結論が分かれます。

1.連れ子の相続権について

被相続人が連れ子と養子縁組をしていない場合=連れ子に相続権なし

今回は、「A」と「連れ子D」との間には血縁関係はありません。

血縁関係無い=子ではない=連れ子は相続権を持たないというのが結論です。

Aと連れ子Dが養子縁組をしていない場合は、血縁上・法律上の親子関係が無いことになりますので、連れ子は相続権を持ちません。

事実上の親子と法律上の親子の区分がされているということです。

被相続人が連れ子と養子縁組している場合=連れ子に相続権あり

被相続人と連れ子が養子縁組している場合には結論が真逆になります。

被相続人と連れ子は血縁関係にはありません。しかし、養子縁組により法律上の親子となり相続権を持つのです。

実子も養子(連れ子)も同じ身分として相続権を持ちます

子は相続権があります。これは、実子、養子(連れ子)の区別はありません。
子であれば第1順位の相続人となり相続権を持つことになります。

なお、養子縁組は届出が必要な行為です。何十年と事実上の親子関係にあったとしても養子縁組の届出をしていないと連れ子は相続権を持ちません。

連れ子にも自分の財産を残したい、相続権を与えたいというときは養子縁組をしておくことが必要です。

連れ子の相続分について

続いては、連れ子の相続分についてです。

子が相続するとき、実子と養子(連れ子)を法律では区別しておりません。

ですので、実子と養子(連れ子)の相続分は同じです。
相続人が実子Cと連れ子Dの場合、相続分は各2分の1ずつになります。

以上が、連れ子の相続権・相続分についての解説です。

【まとめ:連れ子の相続権・相続分】
・連れ子に相続権・相続分があるかどうかは養子縁組の有無による。
・被相続人と連れ子が養子縁組なし→相続権なし
・被相続人と連れ子が養子縁組あり→相続権あり
・実子と養子(連れ子)の相続分は同じ。


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ