スポンサーリンク


預金凍結の解除方法とは?

預金の口座名義人が死亡すると、預金は凍結されてしまいます。
預金が凍結されると、引き出し・入金・口座振替などが出来なくなってしまいます。

凍結された預金を引き出すためには「預金凍結の解除」をしなければなりません。

このページでは預金凍結の解除方法について解説いたします。

預金の凍結解除に必要な書類

預金の凍結解除に必要な書類は、「遺言書の有無」によって異なります。
遺言書がある場合のほうが、必要書類は少なく済みます。

(遺言書が無い場合の預金凍結解除の書類)
・死亡者の出生から死亡までの戸籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本
・相続人全員の印鑑証明書
・通帳とキャッシュカード(紛失している場合でも凍結解除できます)
・相続届(相続人全員が署名し、実印を押印します)

遺言書が無い場合、
「誰がどの割合で預金を相続するのか」又は「一旦、代表相続人として預金全額を預かる人」を決める必要があります。

具体例:
長男と二男で半分ずつ預金を相続すると決定したとき
→それぞれの口座に半分ずつ預金を振りこんでくれます。

代表者として長男が一旦預金全額を預かると決めたとき
→長男の口座に預金全額が一旦振り込まれます。

(遺言書がある場合の預金凍結解除の書類=遺言執行者あり)
・遺言書
・死亡者の死亡の記載ある除籍謄本
・遺言執行者の印鑑証明書
・通帳とキャッシュカード(紛失している場合でも凍結解除できます)
・相続届(遺言執行者が署名し、実印を押印します)

遺言があり、遺言執行者が選任されているときは上記の書類で預金凍結解除に対応してくれる金融機関が多いです。

ゆうちょ銀行の預金凍結解除の注意点

ゆうちょ銀行の預金凍結を解除するには注意が必要です。

ゆうちょ銀行の預金を受け取る人は「ゆうちょ銀行の口座開設」が必要になります。
もし、受取人のゆうちょ銀行の口座が無い場合は、口座開設が必要になります。

預金凍結解除に必要となる書類の集め方

先ほど説明したように、預貯金の凍結解除のためには戸籍等を取得が必要です。

戸籍は本籍地の役所にて発行してもらえます。
近くの役所であればご自身で取得できますが、「遠方の役所の場合・平日に役所に行けない場合」どうすればいいのでしょうか?

その場合は
1.郵送で請求をかける
2.資格者(行政書士・司法書士)などに戸籍取得を依頼する

このような方法で戸籍を集めれば、簡単に書類集めができると思います。

預金の凍結解除のためには、口座のある支店まで行く必要あるの?

預金凍結の解除は口座のある支店まで出向く必要はありません。

1.最寄りの支店で凍結解除の申請をする
2.郵送で書類のやり取りをする

といった方法が一般的です。

預金の凍結解除の申請をしてから2~3週間で銀行内部での手続きが完了し、預金が振り込まれます。


以上が、預金の凍結解除についての解説です。

【預金の凍結解除の方法:まとめ】
・預金の凍結解除をしないと預金を引き出せない
・凍結解除には書類集めが必要
・最寄りの支店、郵送で預貯金の凍結解除できる


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ