スポンサーリンク


養子である甥・姪は代襲相続人となるか?

遺産相続の際に相続人となる人物は、民法の規定により決まっています。

故人の家族構成が

・子がいない
・両親は既に他界

という場合には、兄弟姉妹に相続権が回ってきます。
(第三順位相続人)

兄弟姉妹の代襲相続

ただ、兄弟姉妹の皆様はご高齢ということが多いです。
そのため、故人より先に亡くなっている兄弟姉妹がいることも珍しくありません。

この場合、代襲相続について考える必要があります。

養子は代襲相続人となれるか

養子縁組という制度があります。

兄弟姉妹の子(故人の甥・姪)が養子の場合を考えてみましょう。

この場合、どのような権利関係となるのでしょうか?
養子は代襲相続人となれるのでしょうか?

このページでは「養子の甥・姪は代襲相続人となれるか」について解説いたします。

故人より先に死亡している兄弟姉妹の相続権

まずはじめに、兄弟姉妹に発生する代襲相続について解説いたします。

故人の親族構成が

・子がいない
・両親が既に他界している

といった場合には、相続権が第三順位である「兄弟姉妹」に移ります。

ただ、兄弟姉妹の中には「故人より先に亡くなっている方がいる事例」も多いです。(皆さまご高齢のため)

この場合、代襲相続が発生します。

代襲相続とは?

・被相続人が亡くなる前に相続人(兄弟姉妹)が死亡している場合
・兄弟姉妹の子(甥・姪)が代襲して相続人となる

この制度のことを代襲相続といいます。

【具体例】
故人:Aさん(子なし・両親は既に他界)
親族構成:弟Bさん
なお、Bさんは数年前に亡くなっている。
Bさんには「子C」がいる。

この場合には、故人Aさんの相続人となるのは「Cさん」です。

このように、故人より先に死亡している兄弟姉妹がいる場合には、兄弟姉妹の子(故人から見た甥・姪)が相続権を取得するのです。

養子縁組と代襲相続

先ほど、「代襲相続により相続権が兄弟姉妹の子に移る」という説明をいたしました。

なお、法律上の子は

・実子(血のつながりのある子)
・養子

と2種類あります。

養子は血の繋がりがなくても「法律上の子」として扱われます。
養子縁組の届出により親子関係が成立するのです。

養子も実子と同じ扱い

遺産相続の場面では、

・実子
・養子

の区別はありません。
どちらも等しく「法律上の子」として扱われます。

養子でも代襲相続人となれる!

さて、このページの本題です。(少し前置きが長くなりましたが)

結論から申し上げますと、養子も代襲相続人となります
なぜなら、養子も「子」として扱われるからです。

先ほど「実子・養子」の扱いに差異はないという説明をいたしました。
したがって、遺産相続において養子の方も相続権を取得するのです。

以下、具体例をもとに解説いたします。

具体例:養子が代襲相続人になるケース

【基本事例】
故人:A
家族構成:子なし、両親は既に他界
兄Bがいたが、既に他界している。
兄Bには「実子C」・「養子D」がいる

このようなケースを想定してください。

故人の甥・姪が相続人となる!

本ケースでは

・故人に子はいない
・両親は既に他界
・唯一の兄弟(兄B)も既に他界

というケースです。

そのため、兄弟姉妹の子(甥・姪)が相続権を取得する事例です。

実子・養子の差異はない

本ケースでは兄Bの子として

・実子C
・養子D

が存在します。
これら2人の扱いに差異はありません。

したがって、本ケースでは

・実子C
・養子D

が代襲相続人として相続権を取得します。

また、法定相続分は

・実子C(2分の1)
・養子D(2分の1)

と同じ割合になります。

まとめ

ここまで「養子である甥・姪も代襲相続人となれるか」について解説いたしました。
養子も実子と同じく相続人となるということを覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・兄弟姉妹が先に死亡している=兄弟姉妹の代襲相続が発生
・代襲相続により兄弟姉妹の子(甥・姪)が相続人になる
・養子であっても代襲相続人となれる


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ