養子に行った子は実親の相続人となる?(普通養子縁組)

遺産相続における第一順位相続人は「故人の子」です。
故人に「子(直系卑属)」が存在する場合、基本的にその人物は相続人となります。

では、養子に行った子は実親の相続権を持つのでしょうか?
それとも養子縁組により実親の相続権は無くなるのでしょうか?

このページでは「養子に行った子の実親の相続権」について解説いたします。

遺産相続における法定相続人

まずはじめに、前提知識として遺産相続における法定相続人について説明いたします。

法定相続人には「配偶者相続人」・「血族相続人」の2種類があります。

配偶者はどの場面でも故人に対して相続権を有します。
血族相続人は優先順位が定められており、最優先順位は「子(直系卑属)」です。

子は基本的に相続人となる

上記で説明したとおり、故人の子は第一順位の血族相続人です。

したがって、基本的には親の相続に対して子は相続権を持ちます。
(一部例外で相続欠格・廃除等がありますが)

では、養子に行った子の相続権はどうなるのでしょうか?

養子に行った子でも相続人となる!

さて、このページの本題です。
結論から申し上げますと、養子に行った子であっても実親の相続人となります

養子にいってしまったとしても、血縁のつながりによる親子関係は消滅しないということです。

事例:養子縁組と相続人

以下、簡単な具体例をもとに解説します。

【基本事例】
・故人X
・実子A、実子B
(Bは養子縁組により別家)

という事例を想定してください。

この場合の相続人となるのは「実子A」のほか「実子B」も含まれます。
Bさんは養子縁組により別の家に入り苗字も異なっています。

しかし、このような場合でも子は実親の相続権を取得します。
血縁上のつながりは消滅しないため、相続権は失わないのです。

相続割合も実子と同じ扱い

現行の制度では、

・養子に行った子
・養子に行っていない子

の間で相続分の差異は設けられておりません。
等しく「故人の実子」として同じ相続割合を取得するのです。

上記の例であれば、

・実子A=法定相続分2分の1
・実子B=法定相続分2分の1
(Bは養子縁組に行っている)

となります。

養子は「実親・養親」の2人の親の相続権を持つ!

なお、養子にいった人物は「養親」に対しても相続権を取得します。

現行の法律では、第一順位相続人は「子」と規定されています。
子には「実子・養子」の区別はありません。

したがって、

・実子(実親の子としての相続権)
・養子(養親の法律上の子としての相続権)

をそれぞれ取得するのです。

上記解説は「普通養子縁組」のケースです

ここまで「養子に行った子でも実親の相続権を取得する」と説明しました。
一点注意していただきたいのは、これは「普通養子縁組の場合」ということです。

養子縁組には、

・普通養子縁組(一般的な養子縁組)
・特別養子縁組(特殊な養子縁組)

という2つの制度があります。

普通養子縁組の場合には養子に行った子も実親の相続権を取得します。
両者の親子関係は養子縁組によって消滅しないからです。

特別養子縁組は反対の結論

参考程度に解説しますが、特別養子縁組という制度があります。
この場合には、養子に行った子は実親の相続権は取得しません。

なお、現在の養子縁組の多くは「普通養子縁組」です。
したがって、養子に行った子が実親の相続権も取得するケースが大半でしょう。

まとめ

ここまで「養子に行った子が実親の相続人となるか」について解説いたしました。
相続人となる旨を覚えていただき、今後の遺産相続にお役立てください。

・故人の子は第一順位の血族相続人
・養子に行った子でも実親の相続権を取得する
・養子縁組により血縁親子関係は消滅しないため
(普通養子縁組の場合)


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

サブコンテンツ

このページの先頭へ