スポンサーリンク


遺言書の安全な保管方法とは?

遺言書は、自分の想いを家族に伝える大変重要な書類です。
そのため、遺言書を作成した場合は「遺言書の安全な保管方法」について考える必要があります。

自筆証書遺言(手書きの遺言書)の保管には注意が必要です!

特に、自筆証書遺言(自分で書く形式の遺言)を作成された場合は、遺言書の保管方法について注意が必要です。

発見しにくい場所に遺言書を保管してはいけない

自分しか分からない秘密の場所に保管しておくと、万が一のことがあった際に遺言書が発見されず、家族への想いを伝えられない可能性がございます。

これでは、せっかく時間と費用をかけて遺言書を作成したにもかかわらず、保管方法が悪かったために、家族に気持ちを伝えることができず非常に残念です。

更に、相続手続きが完了した後に遺言書が発見された場合は、手続きをやり直す必要がでてきます。

このように、保管方法を間違えると残された家族・相続人にとって大きな負担となってしまうのです。

見つかりやすい場所に保管するのもお勧めできません

反対に、見つかりやすい場所に遺言書を保管しておくこともお勧めできません。

遺言書を見つけやすい鍵のかかっていない場所に保管されますと、偽造・変造・破棄の恐れがあるため、遺言書の保管方法としてお勧めはできません。

では、どのように遺言書を保管すればよいのでしょうか?

自筆証書遺言は信頼できる第三者に預ける方が多い

遺言書を自分で保管する場合は、信頼できる第三者に遺言書の保管を依頼するのが最適でしょう。

親族に遺言書の保管の依頼をするとトラブルの原因となることもあるため、専門家(弁護士、司法書士、行政書士、銀行)に遺言書の保管を依頼するのが確実です。

なお、公正証書遺言を作成された場合には、公正証書遺言の正本は公証役場にて保管されます。そのため、偽造・変造・破棄の心配はありません。

そのため、保管に関する安全性の観点からは、公正証書遺言にて遺言書を作成された方が良いでしょう。

遺言書の謄本をご自身で保管されることとなりますが、不安・心配でしたら、専門家に保管を依頼すると良いでしょう。

以上が、遺言書の保管方法についての解説です。

【遺言書の安全な保管方法のまとめ】
・自筆証書遺言の保管方法には注意が必要
・貸金庫・専門家に保管を依頼するのが安全


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


このページの先頭へ