スポンサーリンク


遺言書を書いた方が良い人とは?(1)

遺言書を書くことの必要性は、最後のメッセージを家族その他の大切な人に残すことが出来るということです。

そして、相続トラブルを予防に役立つという点です。

では、どのような方が遺言書を書いた方が良いのでしょうか?
このページでは、遺言書を書いておいた方がいい場面を紹介いたします。

遺言書を書いた方が良い人・場面について紹介します

以下の場合には、特に遺言書を書いておいた方が良い人・場面でしょう。

・相続人が誰もいない
(=子、孫がいない・両親が既に他界、兄弟姉妹がいない)

・相続人の数が多い

・夫婦に子供がいない

・内縁(事実婚)の配偶者がいる

・離婚・再婚歴がある

・会社を経営している(個人事業をしている)

・相続人となる人の仲が悪い

・特定の相続人に財産を相続させたい
(=長男だけに相続させたい)

・相続人以外(孫・息子の嫁など)に相続させたい

・寄付をしたい

・相続人の中に行方不明者がいる

遺言書を書いた方が良いケースについて詳細を解説いたします

以下、それぞれの遺言書を書いた方が良いケースについて解説いたします。

【相続人が誰もいないケース】
「子、孫がいない・両親が既に他界、兄弟姉妹がいない」ケースのことを指します。

この場合、遺言書を書いておかないと死後の手続きが複雑となり、最終的には財産が国のものとなってしまいます。
そのため、財産を贈りたい人がいれば、遺言書を書いておきましょう。

【相続人の数が多いケース】
相続人の数が多い場合、遺産分割協議がまとまらない可能性がございます。
遺言書を書いておけば、遺言の内容が優先されるため遺産分割(話し合い)が不要となります。

そのため、遺言書を書くメリットがあります。

【夫婦に子供がいないケース】
この場合、配偶者と親又は兄弟姉妹が相続人の地位を取得します。
兄弟姉妹に相続をさせずに配偶者に全財産を相続させたい場合は、遺言書を書いておきましょう。

【内縁(事実婚)の配偶者がいるケース】
内縁の配偶者は、法律上相続人とはなりません。

内縁の配偶者が財産を取得する制度として特別縁故者の制度がありますが、被相続人に相続人がいる時はこの制度は適用されません。

内縁の配偶者に財産を残したいときは、遺言書を書いておくことをお勧めします。

【離婚・再婚したケース】
前の婚姻関係において子供がいる場合は、相続関係が複雑となります。
前配偶者との子と現配偶者との子に面識がない場合が多いので、遺産分割トラブルを防止するために遺言書を作成しましょう。

以上が、遺言書を書いた方が良い人・場面についての解説です。

この他の事例

・会社を経営している(個人事業をしている)
・相続人となる人の仲が悪い
・特定の相続人に財産を相続させたい
(=長男だけに相続させたい)
・相続人以外(孫・息子の嫁など)に相続させたい
・寄付をしたい
・相続人の中に行方不明者がいる

については、「遺言書を書いておいた方がいい人ってどんな人?(2)」で解説します。

【遺言書を書いた方が良い人・場面:まとめ】
・遺言書を書くことで相続トラブルの予防に役立つ
・遺言書を書くことで、自分の思い通りの相続を実現できる


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


スポンサーリンク


このページの先頭へ