スポンサーリンク


遺言書を書いた方が良い理由とは?

遺言書は、大切な家族の方へ向けた最後の手紙です。
自分の気持ちを家族へ伝えるために遺言書を書くという方法があります。

この他にも、遺言書を書くことによりメリットが多くあります。
では、遺言書を書いた方が良い理由とは何なのでしょうか?

このページでは、遺言書を書いた方が良い理由について解説いたします。

遺言書を書いた方が良い理由・必要性とは

【遺言書を書いた方が良い理由1=自分の死後の相続トラブルの予防に役立つ】

相続が発生すると、相続人全員で遺産をどのように分けるか話し合い(遺産分割協議)をする必要がございます。

もし、遺産分割協議がまとまらなかったら・・・
兄弟で揉めてしまったら・・・

遺言書を書くことの良い点は、自分の所有する財産を誰にどのくらいの割合で相続させるのかを決めることができるということです。

遺言書を書くことにより、遺産分割協議(話し合い)が不要になるため、相続トラブルの予防に役立つと言われています。

【遺言書を書いた方がよい理由2=相続人以外にも財産を残すことができる】

相続が発生すると、相続人が相続する権利を持ちます。

仮に、相続人以外(例:孫・内縁の配偶者等)に財産を残したいときには遺言書を書くことが有効です。
遺言書が無いと、相続人以外に財産を残すことが難しくなります。

【遺言書を書いた方が良い理由3=自分の気持ちを家族に伝えることができる】

遺言書を書くことで自分の気持ちを家族に伝えることができます。

遺言書の内容は遺産相続のことがメインになりますが、それ以外の事項も書いて構いません。

例:葬儀のこと、ペットのこと等

遺言書を書くことで家族に自分の想いを伝えることができます。

【遺言書を書いた方が良い理由4=日々の生活を安心して生活できる】

遺言書を書くことで「将来、子供たちが相続で揉めるかも・・・」という心配をなくすことが出来ます。

それによって、毎日の生活・自分の死後について安心して過ごすことが出来ると思います。

遺言書を書くときの注意点

遺言書を書くことで上記のような良い点があります。
ただ、遺言書の作成には注意が必要です。

遺言書の書き方には「決まった形式」があり、それに沿って書かないと遺言書として無効になってしまうのです。

せっかく書いた遺言書を「ただの紙」にしないためにも、形式には気を付けて遺言書を作成しましょう。
≪手書きの遺言書(自筆証書遺言)の正しい書き方についての解説はこちら≫

以上が遺言書を書く必要性・理由について解説です。

【遺言書を書いた方が良い理由・必要性】
・遺言書は自分のメッセージを伝えることが出来る
・遺産相続トラブルの予防に役立つ


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


このページの先頭へ