スポンサーリンク

遺言書を書いた方が良い理由とは?

遺言書は、大切な家族の方へ向けた最後の手紙です。
遺言書を書くことで、自分の気持ちを家族へ伝えることができます。

この他にも、遺言書を書くことによりメリットが多くあります。

では、遺言書を書いた方が良い理由とは何なのでしょうか?

このページでは、遺言書を書いた方が良い理由について解説いたします。

遺言書を書いた方が良い理由:法律運用面

近年、遺言書を書く方が少しずつ増えています。
これにはもちろん理由があります。「遺言書を書くメリット」があるからです。

法律上の遺言書作成の利点は、

・相続トラブルの防止
・相続人以外にも財産分与できる

といったところです。

以下、それぞれについて詳しく解説いたします。

遺言書を書いた方が良い理由1=死後の相続トラブルの予防に役立つ

相続が発生すると、相続人全員で遺産をどのように分けるか話し合い(遺産分割協議)をする必要がございます。
この話し合いが円満にまとまれば何も問題はありません。

しかし、

・もし、遺産分割協議がまとまらずに裁判沙汰に・・・
・兄弟で揉めてしまい以後絶縁状態に・・・

このように、泥沼の親族トラブルが起こる可能性もあるのです。

遺言書を書くことの良い点は、自分の所有する財産を誰にどのくらいの割合で相続させるのかを決めることができるということです。

遺言書を書くことにより、遺産分割協議(話し合い)が不要になるため、相続トラブルの予防に役立つと言われています。

遺言書を書いた方がよい理由2=相続人以外にも財産を残すことができる

遺産相続が発生すると、相続する権利を持つ人物は法律の規定により決まっています。
この人物のことを「法定相続人」といいます。

・遺言書あり=相続人以外の受遺者に財産を与えること可能
・遺言書ない=相続人以外に与えるのは難しい

となります。

そのため、相続人以外(例:孫・内縁の配偶者等)に財産を残したいときには遺言書を書くことが有効です。

遺言書が無いと、相続人以外に財産を残すことが難しくなります。
(不可能ではないが大変難しい)

遺言書を書いたほうが良い理由:精神面

ここまで、法律上での遺言書作成の理由について説明いたしました。

なお、遺言書を作ることは作成者の心の部分でも役立つところがあります。

遺言書作成には、

・自分の想いを家族に伝えることができる
・安心して日々の生活を送ることができる

といった効果も期待できるのです。以下、詳細を解説いたします。

遺言書を書いた方が良い理由3=気持ちを家族に伝えることができる

遺言書を書くことで自分の気持ちを家族に伝えることができます。

遺言書の内容は遺産相続のことがメインになりますが、それ以外の事項も書いて構いません。

・葬儀のこと
・ペットのこと

など自由に書いてOKなのです。

遺言書を書くことで家族に自分の想いを伝えることができます。

遺言書を書いた方が良い理由4=日々の生活を安心して生活できる

遺言書を書くことで「将来、子供たちが相続で揉めるかも・・・」という心配をなくすことが出来ます。

それによって、「毎日の生活・自分の死後」について安心して過ごすことが出来ると思います。

遺言書を書くときの注意点

遺言書を書くことで上記のような良い点があります。
ただ、遺言書の作成には注意が必要です。

遺言書の書き方には「決まった形式」があり、それに沿って書かないと遺言書として無効になってしまうのです。

せっかく書いた遺言書を「ただの紙」にしないためにも、形式には気を付けて遺言書を作成しましょう。

手書きの遺言書(自筆証書遺言)の正しい書き方

まとめ

ここまで遺言書を書く必要性・理由について解説いたしました。
このページの内容を参考に、今後の遺産相続にお役立てください。

・遺言書は自分のメッセージを伝えることが出来る
・遺産相続トラブルの予防に役立つ
・相続人以外にも財産分与できる


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ