スポンサーリンク


遺言書を書いた後に相続人が死亡しているときは?

遺言書によって特定の相続人に財産を相続させることができます
また、第三者に遺産を贈与(遺贈)することもできます。

遺言書の効力が実際に発生するのは遺言書を書いた方が死亡したときです。
遺言書作成~遺言書の効力発生までは長い期間があり、相続人や受遺者が死亡していることも考えられます。

このように、遺言書の効力発生前に相続人(受遺者)が死亡したときは、遺言書の効力はどうなるのでしょうか?

このページでは、遺言書と相続人死亡について解説いたします。

遺言書と相続人死亡の具体例

1.Aさんは息子Bに全財産を相続させるという遺言書を作成。(平成20年)
2.相続人である息子Bさんが先に死亡しました(平成25年)
3.遺言書を書いたAさんが死亡しました(平成28年)

遺言書を開封すると
「全財産は息子Bに相続させる」という記載があります。

遺言書と相続人死亡の関係

遺言書の効力が発生するのは、遺言書を書いた人が死亡したときです。
遺言書の効力が発生する時に、遺産を受け取る人(受遺者)は生存している必要があります。これを、「同時存在の原則」といいます。

上記の具体例では平成28年に遺言書の効力が発生します。
このとき相続人であるBさんは既に死亡しているため、相続を受けることは出来ません。遺言書は失効します。

遺言書に記載された相続人が先に死亡しているとき、代襲相続はあるの?

(前提知識)代襲相続とは、祖父Aが死亡する前に息子Bが死亡しているときは、Bの息子C(Aの孫)が相続する。これを、代襲相続といいます。

通常の相続であれば、代襲相続といって孫世代の方に相続する権利が移ります。

では、遺言書によって財産を受ける相続人が先に死亡した場合、遺言書の代襲相続が起こるのでしょうか?

答えは「No」です。
原則は、遺言書の効力発生より先に相続人が死亡していると「遺言書は失効します」

ただし、例外あり。→「遺言書と代襲相続について」をご参照ください。

遺言書に書かれた相続人が死亡しているときの相続

上記のように、遺言書により財産を受け取る相続人・受遺者が先に死亡しているは遺言の効力は失効します。

これにより、通常のどおりAの生存している相続人全員で遺産についての話し合い(遺産分割協議)をする必要があります。

以上が遺言書と相続人死亡の関係についての解説です。

【遺言書と相続人死亡まとめ】
・遺言書を書いた人より相続人(受遺者)が先に死亡していると遺言書は失効する
・受遺者(相続人)が先に死亡しているとき、遺言書について代襲相続は起こらない※例外あり
・遺言書が失効すれば通常通り、遺産分割協議をして相続を進めることになる。


・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ