スポンサーリンク


遺言書の種類:どれを選択すれば?

遺言書は、自分の想いを家族に伝える大変重要な書類です。

遺言書は主に3種類あり、それぞれ特徴がございます。自分が遺言書を書く時にどの種類の遺言書を残すのかの参考にしてください。

このページでは、遺言書の種類について解説いたします。

遺言書は3種類ございます

一般的な遺言書の種類として以下の3種類ございます。

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言

遺言書の種類:それぞれの特徴について

各種類の遺言書の特徴について説明いたします。

【遺言書の種類1:自筆証書遺言】

自筆証書遺言とは「手書きの遺言書」のことです。
自筆証書遺言は一番簡単に作成できる遺言書の種類です。
(ペンと紙と印鑑さえあれば作成可能です)

自分で作成する場合費用はかかりません。
遺言書の存在・内容について秘密にすることできます。

遺言書の保管は自分ですることとなります。(又は第三者に保管を依頼)
相続発生後、家庭裁判所での検認が必要となります。

【遺言書の種類2:公正証書遺言】

公正証書遺言は、最も確実で安全性の高い遺言書の種類です。
財産の金額に応じて公証人の手数料が発生いたします。

また、証人を2人以上用意しなければなりません。
証人に遺言書の存在・内容は知られてしまいます。

遺言書の原本は公証役場にて保管されるため、変造される心配はありません。
相続発生後、検認が不要となります相続発生後の手続きが楽になります。

≪公正証書遺言についてのより詳しい解説はこちら≫

【遺言書の種類3:秘密証書遺言】

秘密証書は、内容を秘密にできる遺言書の種類です。
公証人手数料は一律1万1,000円と公正証書遺言よりは安いです。

証人を2人以上用意しなければなりません。
遺言書の存在は秘密にできませんが、内容は秘密にできます。

遺言書の保管は自分ですることとなります。(又は第三者に保管を依頼)
相続発生後、家庭裁判所での検認が必要となります。

≪秘密証書遺言のより詳しい解説はこちら≫

以上が主な遺言書の種類とその特徴になります。

種類として自筆証書遺言又は公正証書遺言を作成される方が大多数です。

なお、この他にも特殊な状況下において遺言書を残す方法があります。

一般危急時遺言、難船危急時遺言、一般隔離地遺言、船舶隔離地遺言と4種類ございます。

これらは、上記の3種類の遺言書を書くことができない特殊な状況下においてのみ認められる方式です。まず利用することはないと思いますので大丈夫でしょう。

以上、遺言書の種類と選び方についての解説です。

≪公正証書遺言についてのより詳しい解説はこちら≫
≪秘密証書遺言のより詳しい解説はこちら≫

【遺言書の種類:まとめ】
・自筆証書遺言(手書き)
・公正証書遺言(公証役場で公証人に作成してもらう)
・秘密証書遺言(公証役場にて作成:内容を秘密にできる)
・遺言書作成の場合は、自筆証書遺言・公正証書遺言が多い


専門家(士業)に相談したいけど、一歩が踏み出せないあなたへ

相続手続きガイド:特別プレゼント(無料)

タイトル
「失敗が許されない遺産相続~知らないでは済まされない11のポイント」

お申し込みは、今すぐ!簡単です!こちらをクリック


・相続税申告.com(東京 池袋 相続税申告)

・日本みらいと司法書士事務所(トップページ)

スポンサーリンク


このページの先頭へ