スポンサーリンク

税理士に相続登記を依頼できるのか?

故人名義の不動産がある場合は、相続登記が必要です。
(相続登記=不動産名義変更の手続きのこと)

さて、相続税申告等がある場合には「税理士」に相談する方が多いと思います。
では、相続登記も税理士さんにお任せできるのでしょうか?

このページでは「税理士の相続登記を依頼できるか」について解説いたします。

遺産相続を業務とする専門職(士業)

遺産相続は専門性の高い分野です。
そのため、士業と呼ばれる国家資格者(専門職)が、遺産相続の業務を行っています。

具体的には、

・弁護士
・司法書士
・行政書士
・税理士

といった士業が遺産相続を業務として行っております。
また、最近では「銀行」も相続手続きの業務を行っております。

士業ごとに専門分野が異なる!

では、なぜ複数の士業が遺産相続を業務としているのでしょうか?
(ひとつにまとめれば迷わず簡単なのに...)

その答えは「専門分野の違い」にあります。
遺産相続と一言でいっても、内容は多岐にわたります。

「遺産相続」の中で、各士業の専門分野が細かく分けられているのです。

法律=弁護士・司法書士・行政書士:税務=税理士

各士業の細かい専門業務を列挙してもあまり意味がないと思いますので、大きく分けて説明したいと思います。

大きく分けると、

・遺産相続における法律系=弁護士・司法書士・行政書士
・遺産相続における税務系=税理士

となります。

相続税申告は税理士の専門領域

先ほど「遺産相続における税務」は税理士の範囲であると説明いたしました。
したがって、相続税相談・申告業務は税理士の専門分野となります。

こちらは、他の士業はできません。
(資格もないですし、専門的知識を持ち合わせていない。)

では、相続登記はどうなるのでしょうか?
税理士さんに相続登記の依頼も併せて可能なのでしょうか?

税理士は相続登記の代理はできない

さて、このページの本題です。
結論から申し上げますと、税理士さんは相続登記の業務を行うことができません

したがって、相続登記を行う場合は他の士業に依頼する必要があるのです。

相続登記の士業=司法書士

では、相続登記はどの資格者に依頼するのが正解なのでしょうか?
答えは「司法書士」となります。

司法書士という資格は、多くの皆様にとって馴染みのない存在であると思います。
司法書士を簡単に説明すると「登記の専門家」です。

相続登記(不動産名義変更)は、司法書士に依頼する旨を覚えておいてください。

税理士から司法書士を紹介されることも多い!

先ほど説明したとおり、税理士さん単体では相続登記業務を行うことはできません。
ただ、ご依頼者様から相続登記をお願いされることもあると思います。

そういった場合に備えて、税理士事務所は提携の司法書士事務所を持っているケースが多いです。

したがって、「司法書士を紹介してほしい旨」をお願いすれば付き合いのある司法書士を紹介してもらえるでしょう。

相続税が心配・申告が必要という方は、まず税理士に相談してOK

ここまで「相続税=税理士・相続登記=司法書士」と説明をいたしました。
では、遺産相続に関してまずどちらに最初に相談に行った方がよいのでしょうか?

これは、相談者様の立場からどちらでもOKという結論になります。
というのも、先ほど説明したとおり各士業間では連携を取り合って相続業務を進めるためです。

相続税に関して不安がある・申告が必要という方は、先に税理士さんに相談してOKです。
知り合いに司法書士がいる等の事情のある方は、先に司法書士に相談してもOKです。

お互いに「別士業(税理士・司法書士)」を紹介してくれるためです。

まとめ

ここまで「税理士に相続登記業務をお願いできるか」について解説いたしました。
本ページを参考に、今後の相続登記にお役立てください。

・遺産相続には複数の士業が存在している
・相続税申告は税理士の専門領域
・相続登記は司法書士の分野となる


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ