スポンサーリンク

登記簿「全部事項・一部事項」の違いとは?

不動産は登記簿という帳簿のようなもので管理されています。
(登記簿は法務局が管理しているものです。)

登記簿には「全部事項証明書・一部事項証明書」があります。
両者はどのような違いがあるのでしょうか?

このページでは「登記簿(全部事項・一部事項)の違い」について解説いたします。

登記簿謄本の構成とは?

はじめに、前提知識として登記簿謄本の構成について説明いたします。

登記簿は「表題部・権利部」という2つのパートに分かれています。

表題部について

表題部とは、土地家屋の現況(状況)を表す部分です。
具体的には、

・所在(土地)
・地目(土地)
・地積(土地)

・所在(家屋)
・家屋番号(家屋)
・床面積(家屋)

などの情報が記録されています。

権利部について

これに対し、権利部は不動産の権利関係に関する事項が記載されています。
具体的には、

・所有者に関する情報
・抵当権(住宅ローン)の設定の有無

等の権利に関する情報が記録されています。

所有権に関する事項は「甲区」、所有権以外の事項に関しては「乙区」という欄にそれぞれ記録されています。

登記簿(全部事項)とは?

さて、ここから登記簿(全部事項・一部事項)について解説いたします。
まずは、「登記簿(全部事項)」から説明いたします。

登記簿(全部事項)は

・登記簿謄本
・全部事項証明書

といった呼ばれ方をします。
以下、全部事項証明書という名称で説明をします。

全部事項証明書=全部記載した証明書

全部事項証明書は、文字のとおり「当該不動産登記簿の全ての事項」を記載した証明書のことです。

具体的には、

・表題部
・所有権に関する事項
・所有権以外の登記事項

など、全ての登記事項が反映されている書面です。
(抹消された登記事項も記載される)
(昔の権利関係に関する事項も記載される)

普通は「全部事項証明書(登記簿謄本)」を取得しておけばOK!

遺産相続など、登記簿の取得が必要となるケースがあります。
この場合、一般的には上記で説明した「全部事項証明書(登記簿謄本)」を取得しておけばOKです。

全部事項証明書は不動産登記簿の全ての記録を記載した書面です。(省略事項なし)

そのため、私自身も登記簿を取得する場合の大半は「全部事項証明書」を取得しています。

では、一部事項証明書はどのような場面で取得すべきなのでしょうか?
以下、登記簿(一部事項)について解説いたします。

一部事項証明書とは?

一部事項証明書とは、文字通り「登記簿全体の一部分のみ」について証明した書類です。

全ての登記事項が「A・B・C」のうち「Aのみ」に関する証明書となります。
(A・B・C全部載せたもの=全部事項証明書)

一部事項証明書を取得する場面とは?

先ほど「通常は全部事項証明書を取得しておけばOK」と説明いたしました。
では、どのような場面で一部事項証明書が便利なのでしょうか?

それは、

・大勢の人物で共同所有となっている不動産
(私道部分・敷地権化されていないマンションの底地)

等が該当します。

全部事項証明書を取得すると分厚い登記簿になってしまう!

通常の不動産登記簿は1通の枚数も少なく済みます。
多くても3~4ページで済むでしょう。(少ないものは1ページのみで済む)

ただ、大勢で共有している不動産の全部事項証明書は大変です。
全体の登記簿の枚数が100ページ以上となることも珍しくありません。

持ち運ぶだけで大変ですし、該当箇所を探すだけで大変な作業です。
また、法務局へ支払う手数料も通常より高くなってしまいます。

一部事項証明書を取得すれば簡単・楽!

このような場面では、登記簿の大半の部分は必要ない事項です。
(他人の権利関係のため、今回使用することはないということです。)

したがって、今回欲しい人物の情報のみの証明書(一部事項証明書)を請求してみましょう。

登記簿を請求する際に一部事項の欄にチェックを付ける

登記簿謄本請求用紙に「一部事項証明書」という欄があります。
そちらの欄にチェックをして窓口に提出すればOKです。

念のため、窓口の方に口頭で伝えておくと安心でしょう。

まとめ

ここまで「登記簿(全部事項・一部事項)の違い」について解説いたしました。
上記内容を参考に、今後の相続登記にお役立てください。

・登記簿は「全部事項・一部事項」がある
・通常は全部事項証明書を取得しておけばOK
・稀に一部事項証明書が便利な場面がある


・相続手続きフルサポートの内容&費用(日本みらいと司法書士事務所)

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ