「銀行預金・株式の相続手続き」の記事一覧

りそな銀行で「埼玉りそな」の相続手続きは可能?

遺産相続により故人の遺産が相続人に承継されます。 遺産の代表例が「銀行預金」です。 故人が「埼玉りそな銀行」の口座を持っている事例があります。 この手続きは、都内の「りそな銀行」でも対応可能なのでしょうか? 埼玉りそなの・・・

故人と同じ証券会社での口座開設が必要?

故人の遺産に「株式」が含まれることがあります。 株式は証券会社等の口座にて管理されているものです。 相続する人は証券口座の開設が必要なります。 では、どの会社で口座を作ればよいのでしょうか? 故人と同じ証券会社での口座開・・・

故人の預金通帳の正しい扱い方

大半の遺産相続では「故人名義の預貯金」が存在します。 預金口座については ・通帳 ・キャッシュカード が発行されています。 故人の預金通帳はどのように扱えばよいのでしょうか? 預金払い戻しが終わったら廃棄してもよいのでし・・・

株式を相続する場合は証券口座の開設が必要?

相続発生により故人に属する一切の財産債務が相続人に承継されます。 故人が生前に取引していた「株式」についても当然遺産相続の対象となります。 株式は、 ・証券会社の証券口座 ・信託銀行の特別口座 にて管理されていることが多・・・

残高証明書の代理取得を司法書士に依頼できる?

口座名義人が死亡した場合には、遺産相続の手続きが必要となります。 故人の遺産の代表例として挙げられるのが、 ・預貯金 ・株式(投資信託) といった資産です。 預貯金や株式について「残高証明書」という書類が必要になるケース・・・

貸金庫の解約手続きを司法書士に依頼できる?

銀行には「貸金庫」というものが存在します。 重要な書類などを貸金庫で保管しているという方もいらっしゃいます。 相続により故人の権利義務一切が承継される 故人が貸金庫を契約していた場合、相続人の方は貸金庫の解約手続きが必要・・・

預金通帳を紛失している場合でも相続手続きできる?

大半の相続手続きでは「預貯金」が遺産に含まれます。 預金の相続手続きは、 1.名義人死亡により銀行口座が凍結される 2.その後に銀行へ「相続の申請」を行い預金を払い戻す という流れです。 預金については銀行より「通帳」が・・・

故人のキャッシュカードの正しい扱い方

遺産に「預貯金」が含まれるケースは大変多いです。 預金に関しては、金融機関より ・預金通帳 ・キャッシュカード が発行されています。 故人名義のキャッシュカードは相続発生後どのように扱えばよいのでしょうか? このページで・・・

口座凍結前に預金を引き出す場合の注意点

相続が発生した場合、預貯金の取り扱いについては注意が必要です。 基本的には、 1.金融機関に相続開始の連絡(口座凍結) 2.戸籍謄本・印鑑証明書等を揃えて相続の申請 3.故人名義の預金払い戻し という流れで手続きを進めま・・・

銀行・証券会社にて残高証明書取得は必要か?

故人名義の銀行預金・株式がある場合には相続手続きが必要です。 その際に「残高証明書」という用語を耳にする機会があると思います。 残高証明書?? 言葉から何となく「資産残高を証明してくれる書類なのだろうな・・」とイメージは・・・

遺産分割と預金について

相続が発生したとき、必ずと言ってよいほど相続財産に含まれているのは預金です。 各相続人は、銀行に対して預金の払い戻しを請求する権利があります。 では、各相続人は、預金はすぐに引き出せるのでしょうか? それとも、遺産分割を・・・

預金凍結の解除方法とは?

預金の口座名義人が死亡すると、預金は凍結されてしまいます。 預金が凍結されると、引き出し・入金・口座振替などが出来なくなってしまいます。 凍結された預金を引き出すためには「預金凍結の解除」をしなければなりません。 では、・・・

口座名義人死亡により預貯金は凍結される?

相続が発生すると、被相続人の遺産全てが相続人に承継されます。 相続財産として最も多いのが「預貯金」です。 死亡したら預貯金はどうなるのでしょうか? 預貯金口座は死亡により凍結されてしまうのでしょうか? このページでは、死・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ