「遺贈のお役立ち情報」の記事一覧

受遺者は遺言執行者選任の申立人となれるか?

遺言者の死後、遺言の内容実現に向けて「遺言執行者」を選任することがあります。 これは、故人の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てるものです。 それでは、誰が申立てを行う権限を持っているのでしょうか? 遺言により財産を受け・・・

遺言執行者に指定された人が欠格事由のケース

故人が残した遺言がある場合、その内容を実現させる人を「遺言執行者」といいます。 遺言執行者には「親族の方・親族でない方」どちらも就任することができます。 また、専門職(弁護士・司法書士など)が遺言執行者となる事例も多いで・・・

遺言執行者が複数いるときの執行・役割分担

遺言書がある場合は、原則として遺言書どおりに相続手続きを進めていきます。 ただ、遺言書の効力発生時点では遺言者(遺言書を書いた人)は既に亡くなっています。 そのため、相続人や遺言執行者が実際の手続きを行います。 遺言の内・・・

遺言執行者を複数人指定しても大丈夫?

遺言の内容実現のために動く人のことを「遺言執行者」といいます。 ・遺言書の中で遺言執行者を指定する ・家庭裁判所に遺言執行者選任を申し立てる といった方法で執行者が選ばれるケースが多いです。 では、遺言執行者は複数人指定・・・

遺言執行者は親族でも大丈夫?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 その場合には、遺言書の内容に従って遺産相続を進めるのが原則です。 遺言の執行にあたって「遺言執行者」を選任することがあります。 遺言執行者は親族でも大丈夫なのでしょうか? ・・・

遺言執行者は固定資産評価証明書を取得できる?

遺言書により遺産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の内容に不動産が含まれるときは、遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記の際の必要書類に「固定資産評価証明書」があります。 こちらは遺言執行者でも取得可能なのでしょうか?・・・

遺贈登記の前にする住所変更登記の申請人

遺言書で財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈の内容に不動産が含まれるときには「故人→受遺者」への遺贈登記が必要です。 遺贈登記の前提となる住所変更登記の申請人は? 遺贈登記をする段階で ・故人の最後の住所 ・不・・・

遺言書検認の必要戸籍(相続人不存在の場合)

相続人不存在のケースで、遺言書が発見されることがあります。 もし「手書きの遺言書」であれば、まず家庭裁判所での「遺言書検認」という作業が必要です。 遺言書検認の際にはどういった書類が必要となるのでしょうか? このページで・・・

遺贈登記の前提として住所変更登記は必要か?

遺言書により財産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の内容に不動産があるときには、速やかに遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記をする際に ・遺贈者(故人)の住所 ・登記簿上の住所 が相違していることがあります。 このよ・・・

遺贈登記は共同申請?それとも単独申請?

遺贈の内容に不動産が含まれるときには遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記など不動産登記を申請する場合 ・単独申請 ・共同申請 と2つの申請形態があります。 遺贈登記は受遺者が単独申請できるのでしょうか? それとも共同申請・・・

相続人に対する遺贈登記(登録免許税)

遺言書により財産を第三者に贈与することを遺贈といいます。 遺贈の対象物に「不動産」が含まれるときは、不動産登記(遺贈登記)の申請が必要です。 登記申請の際には法務局に対して「登録免許税」という名称の税金の支払いが必要です・・・

相続人に対する特定遺贈における農地法の許可

遺言書により財産を贈与する行為を「遺贈」といいます。 遺贈の対象に不動産が含まれるときは、遺贈登記の申請が必要です。 ただ、遺贈の対象物件が田・畑などの農地の場合には注意が必要です。 農地等の権利移転には農地法という法律・・・

遺贈登記の登録免許税について

遺贈の対象に不動産が含まれている場合、遺贈登記が必要です。 遺贈登記など各種登記申請をする場合には、法務局に対して「登録免許税」という税金の支払いが必要になります。 実は、登録免許税の税率は、登記申請の内容によって異なる・・・

遺言執行者と受遺者が同一人物でも大丈夫?

遺言書により財産を贈与することを遺贈といい、遺贈を受ける側(財産をもらう人)のことを「受遺者」と呼びます。 遺言書があるとき、場合によっては遺言執行者の選任をした方が良いケースがあります。 このとき、受遺者を遺言執行者と・・・

遺言執行者(候補者)の指定は可能ですか?

遺言書の内容を忠実に実行する人のことを「遺言執行者」といいます。 遺言執行者については必須ではないことが多いのですが、場合によっては遺言執行者を選任した方がその後の遺産相続がスムーズに進行することもあります。 では、遺言・・・

相続人不存在での遺贈登記(遺言執行者必須)

遺言により財産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の対象に不動産が含まれていた場合には、所有権移転(遺贈登記)の申請が必要です。 ですが、相続人不存在の場合は、いったい誰が遺贈登記の当事者となるのでしょうか?? このペ・・・

遺言書検認・遺言執行者選任の手続きの順番

遺産相続が発生し、故人が生前に書いていた遺言書が発見されるケースがあります。 手書きの遺言書であれば、まず家庭裁判所にて「遺言書の検認」をしなければなりません。 また、遺言執行者が必要な場合には「遺言執行者の選任」も併せ・・・

遺言執行者の選任申立て方法

故人が生前に遺言書を書いていた場合、事例によっては遺言執行者の選任をしたほうが良いケースがあります。 遺言執行者の指定は主に 1.遺言書の中で指名する 2.家庭裁判所に選任申立てをする の2つがケースとして多いです。 遺・・・

遺言書が複数あるときは?

被相続人の遺品整理をしていると遺言書が発見されることがあります。 遺言書が1通のみであれば、それに従えば良いのですが、問題は「遺言書が複数発見された場合」です。 遺言書が複数あるときは、どのように取り扱えばよいのでしょう・・・

遺贈(包括遺贈・特定遺贈)と遺産分割協議とは?

(前提知識) 相続が発生すると、相続人全員で遺産分割協議(話し合い)をするのが一般的です。 遺言によって相続人等に財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈には「包括遺贈」と「特定遺贈」の2種類があります。 遺贈があ・・・

遺贈(包括遺贈・特定遺贈)と債務の関係は?

(前提知識)被相続人に債務があるとき、相続人は債務も相続する。 債務の方が多い時は「相続放棄」をすると債務を承継しなくて済む。 遺贈とは遺言書によって相続人等に財産を与えることです。 遺言書を書いた人に多額の債務があった・・・

死因贈与と遺贈の違いとは?

遺贈とは「遺言書によって」遺産を与えることも指します。 具体例:「私は全財産をAに遺贈する」という遺言書を作成する。 遺贈とよく似たものとして「死因贈与」という制度があります。 死因贈与も遺贈も、財産を渡す人の死後に財産・・・

遺贈と相続の違いとは?

被相続人が死亡したとき、「遺贈」・「相続」のケースがございます。 遺贈と相続の違いは何なのでしょうか? 遺贈と相続は違う点がいくつかあります。 このページでは遺贈と相続の違いについて解説いたします。 遺言書の有無が「遺贈・・・

遺贈による所有権移転登記(名義変更)とは?

遺言書により財産を親族・第三者に譲り渡すことができます。 遺言書により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈の具体例:「私Aは甲土地をBに遺贈します} 不動産の遺贈があったときは、不動産登記の名義を「遺言者」→「・・・

包括遺贈・特定遺贈には農地法の許可がいるの?

【農地(田・畑)の名義変更・農地法についての前提知識】 農地(田・畑)の名義変更(売買や贈与)には、「農地法の許可が必要」です。 農地の効率利用のため、農地法の許可が降りなければ農地(田・畑)を取得できないというのが原則・・・

遺言書は代襲相続される?

前提知識:代襲相続とは、祖父Aが死亡する前に息子Bが死亡しているとき、Bの息子C(Aの孫)が相続する。これを、代襲相続といいます。 遺言書を作成した後、遺言書により遺産を相続させようとした人が先に死亡した・・・そのような・・・

遺言書を書いた後に相続人が死亡しているときは?

遺言書によって特定の相続人に財産を相続させることができます また、第三者に遺産を贈与(遺贈)することもできます。 遺言書の効力が実際に発生するのは遺言書を書いた方が死亡したときです。 遺言書作成~遺言書の効力発生までは長・・・

遺贈を放棄したいときは?(包括遺贈・特定遺贈)

前提知識:遺言書により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈には「包括遺贈」と「特定遺贈」がある。 遺贈を受ける人(受遺者)は、遺贈を受ける・遺贈を放棄するという選択を自由に行うことが認められています。 遺贈には・・・

包括遺贈と特定遺贈の違いとは?

遺言書によって相続人や相続人以外の第三者に財産を贈与することを「遺贈」といいます。読み方は「いぞう」です。 遺贈には「包括遺贈」と「特定遺贈」の2種類がございます。 包括遺贈と特定遺贈は制度上の違いがあり、自分が遺贈を受・・・

所有権移転登記申請書(遺贈)の書式、書き方

遺言により遺産を与える(贈与する)ことを遺贈といいます。 被相続人が、不動産を贈与(遺贈)するという遺言書を残していた場合は、相続登記ではなく遺贈を原因とする所有権移転登記申請書を作成する必要があります。 相続登記と遺贈・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ