「成年後見のお役立ち情報」の記事一覧

相続人に認知症の人がいるとき:成年後見人とは?

相続が発生した場合に、認知症の相続人がいるケースがございます。 相続が発生すると、遺産分割協議で遺産の分割方法について決定することになりますが、認知症の相続人がいるときには注意が必要です。 このページでは、認知症と成年後・・・

成年後見人の仕事内容とは?

精神上の障害により判断能力がほとんどない方は、家庭裁判所に成年後見人選任を申し立てることによって成年後見人が付けられます。 成年後見人のするべき仕事の内容というのは決まっており、成年被後見人の財産の中から後見人の報酬が支・・・

後見制度の種類(後見・保佐・補助)とは?

判断能力に衰えが見えてきた高齢者の方の財産を守るための方法として、後見制度を利用することが有効です。 法定後見には3つの類型があり、それぞれ判断能力の度合いに応じて最適なものがございます。 法定後見の3つの種類(後見人・・・・

成年後見制度とは?

最近、「成年後見人」という言葉を耳にする機会が増えてきました。 特に高齢の親を持つ方にとって、成年後見人制度は他人事ではなくなってきています。 このページでは、成年後見人制度の概要についてご紹介します。 成年後見制度とは・・・

遺産分割協議における成年後見人とは?

相続が発生し、相続手続きを進めていくには遺産分割協議(遺産の分割方法についての協議)が必要となります。 認知症の相続人がいるとき:通常の遺産分割協議の方法を取ることはできません 現在、高齢化社会に伴い相続人が高齢であると・・・

認知症の相続人がいる:遺産分割協議の注意点とは?

高齢の相続人の方が認知症を発症しているケースは、珍しいことではありません。 認知症の相続人がいる場合、何も知らずに遺産分割協議をしてしまうと後々トラブルの原因となってしまいますので注意が必要です。 このページでは、認知症・・・

認知症の相続人がいるときの相続登記とは?

お亡くなりになった方が土地・家などを所有されていたときは、相続登記(土地や家の相続)が必要です。 ただ、ひと言で「相続登記」といっても様々なケースがあります。 中でも「認知症の相続人がいる場合」には注意が必要です。 事例・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ