「相続一般のお役立ち情報」の記事一覧

口座凍結前に預金を引き出す場合の注意点

相続が発生した場合、預貯金の取り扱いについては注意が必要です。 基本的には、 1.金融機関に相続開始の連絡(口座凍結) 2.戸籍謄本・印鑑証明書等を揃えて相続の申請 3.故人名義の預金払い戻し という流れで手続きを進めま・・・

遺品整理と遺産整理はどう違うの?

遺産相続が発生すると、やらなければならないことが沢山あります。 その中で、 ・遺品整理 ・遺産整理 という大変紛らわしい用語があります。 これらは、どのように違うのでしょうか? このページでは「遺品整理と遺産整理の違い」・・・

推定相続人に具体的権利はあるか?

遺産相続において「推定相続人」という言葉があります。 推定相続人とは、 ・いま現在生きている人物が、急に死亡したと仮定して ・現時点で相続人に該当する人(推定される人) のことを指し、相続発生前(対象の方が存命時)に使わ・・・

推定相続人と法定相続人の違い

遺産相続の場面で相続権を持つ人のことを「相続人」と呼びます。 相続人という用語に対して ・推定相続人 ・法定相続人 という似たような言葉が2つ存在しています。 これらの違いは何なのでしょうか? このページでは「推定相続人・・・

推定相続人とは?該当する人物について

遺産相続の際に相続権を持つ人のことを「相続人」と呼びます。 相続人という言葉に関して「推定相続人」という用語があります。 これはいったいどういう意味なのでしょうか? このページでは「推定相続人になる人物」について解説いた・・・

相続分を譲り受けた人は遺産分割協議に参加できる?

故人に相続が発生すると、法律の規定に従って「配偶者・子」などの親族が相続権を持ちます。 それぞれが持つ相続割合のことを「相続分」といいます。 これを他人に譲渡する「相続分の譲渡」という制度があります。 それでは、相続分を・・・

遺産相続で姻族(義理の親・兄弟姉妹)が相続人になる場合

配偶者側の親族のことを姻族と呼びます。婚姻をきっかけに親族となった方々です。(義理の親・兄弟姉妹など) 故人の遺産相続の場面で「姻族の方々」が相続権を取得することはあるのでしょうか? このページでは、「姻族(義理の親・兄・・・

古い戸籍が発行できない場合の対処法(廃棄証明書)

相続手続きを進める際、必ず必要になる書類があります。 それは「戸籍謄本」です。 相続の場面では相続人確定のため「出生~死亡」までの連続した戸籍が必要になります。 古い昔の戸籍を取得する際に「既に戸籍データが役所に存在せず・・・

相続分不存在証明書(特別受益)とは?

遺産相続の場面では、当事者全員での話し合い(遺産分割協議)をすることが一般的です。 遺産分割協議がまとまったときには「遺産分割協議書」という書類を作成します。 事例としては珍しいのですが、遺産分割協議書に代えて「相続分不・・・

戸籍謄本と抄本、遺産相続に必要なのはどちら?

相続が発生した場合、遺産相続の手続きが必要となってきます。 このとき「戸籍」の準備が必要です。 戸籍といっても ・戸籍謄本 ・戸籍抄本 の2種類があります。 遺産相続の場面ではどちらを準備すればよいのでしょうか? このペ・・・

利益相反に関する資料とは(未成年者の特別代理人)

未成年者は自分自身で法律行為を行うことが認められていません。 通常であれば、親権者が未成年の子に代理して法律行為を行うこととなります。 しかし、遺産相続の場面では親権者の子に対する代理権が制限されることがあります。親と子・・・

戸籍謄本は何通必要か?(遺産相続手続き)

どんな相続手続きを進める際に必ず必要になる書類があります。 それは「戸籍謄本」です。 戸籍謄本は普段頻繁に取得する書類ではないので、取得に際して多くの疑問点が出てくると思います。 戸籍謄本は何通取ればいいの? という疑問・・・

生前からできる相続手続きの準備

将来必ず発生する「相続手続き」に関して事前に準備を進める方が増えてきています。 相続の準備として「遺言書を書く・信託制度を利用する・土地にマンションを立てる・生命保険を活用する」など専門性の高いことがたくさんあります。で・・・

遺産相続の際、銀行・証券会社の残高証明書は必要か??

故人名義の銀行預金・株式がある場合には相続手続きが必要です。 その際に「残高証明書」というワードをちらほら耳にする機会があると思います。 残高証明書?? 言葉から何となく「資産残高を証明してくれる書類なのだろうな・・」と・・・

被相続人の配偶者が死亡している場合、
(亡夫・亡妻)の戸籍謄本は必要か?

相続が発生した場合、相続人(遺産を引き継ぐ権利のある人)は法律により定められています。 現行の制度では、故人に配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人です。よって、相続手続きを進めていくにあたって相続人である配偶者の戸籍謄本・・・

預金凍結の解除方法とは?

預金の口座名義人が死亡すると、預金は凍結されてしまいます。 預金が凍結されると、引き出し・入金・口座振替などが出来なくなってしまいます。 凍結された預金を引き出すためには「預金凍結の解除」をしなければなりません。 このペ・・・

死亡により預貯金は凍結されるの?

相続が発生すると、被相続人の遺産全てが相続人に承継されます。 相続財産として最も多いのが「預貯金」です。 死亡したら預貯金はどうなるのでしょうか? 預貯金口座は死亡により凍結されてしまうのでしょうか? このページでは、死・・・

相続分の譲渡と遺産分割協議の関係は?

相続が発生したとき、相続人は法定相続分を持っています。 一般的には、遺産分割協議(話し合い)をして相続方法を決めていくことが多いのですが、相続分の譲渡という制度があります。 遺産分割協議前であれば、相続分を有する相続人は・・・

胎児は相続できるの?

相続が発生した際、まず一番初めに行うのが「相続人の確定」です。 相続を進めるには「相続人全員での遺産分割協議」をすることが一般的であり、相続人を正しく確定させなければいけません。 もし、被相続人にまだ生まれていない胎児が・・・

遺贈と相続の違いとは?

被相続人が死亡したとき、「遺贈」・「相続」のケースがございます。 遺贈と相続の違いは何なのでしょうか? 遺贈と相続は違う点がいくつかあります。 このページでは遺贈と相続の違いについて解説いたします。 遺言書の有無が「遺贈・・・

遺言書を書いた後に相続人が死亡しているときは?

遺言書によって特定の相続人に財産を相続させることができます また、第三者に遺産を贈与(遺贈)することもできます。 遺言書の効力が実際に発生するのは遺言書を書いた方が死亡したときです。 遺言書作成~遺言書の効力発生までは長・・・

失踪宣告の手続き(申立て)は?

(前提知識) 失踪宣告は行方不明者の相続人を死亡したものとみなす手続きです。 失踪宣告により相続人が確定します。 その結果、行方不明の相続人がいる場合でも相続手続きを進めることができる。 行方不明者がいる場合、一定の条件・・・

ゴルフ会員権の相続とは?

被相続人がゴルフ会員権を所有していた場合には、ゴルフ会員権も相続財産に含まれます。したがって、ゴルフ会員権の相続手続きが必要です。 このページでは、ゴルフ会員権の相続について解説します。 ゴルフ会員権の相続は2パターン ・・・

異母兄弟(異父・腹違い)の相続権・相続分

相続において、相続人と相続分は法律により定められています。 (法定相続人・法定相続分) 相続人は、以下の順位で決まります。 1.子(孫) 2.親(祖父母) 3.兄弟姉妹 異母兄弟(異父・腹違い)がいるときの相続関係につい・・・

異母兄弟(異父・腹違い)との相続とは?

相続が発生すると、相続人を調査のために被相続人の戸籍を取得することになります。 その中で、異母兄弟・異父兄弟・腹違いの兄弟の存在が明らかになることがあります。 異母兄弟(異父)とは面識が無いという方が多いため、どのように・・・

連れ子の相続権と相続分は?

相続があったときに、いちばん最初にするべきことが「相続人の確定」です。 被相続人に血縁関係のない連れ子がいるといったケースが稀にございます。 連れ子に相続権・相続分はあるのでしょうか? このページでは、連れ子の相続権と相・・・

旧民法が適用される相続とは?

相続が発生した場合、相続人等の法律関係は「民法」という法律の規定により決定します。 昔の民法(旧民法)と今の民法(現民法)とで規定が異なる箇所が多くあります。 昔に発生した相続手続きをする場合には、現民法ではなく旧民法(・・・

生命保険の請求・受取には?

被相続人が生命保険に加入されていた場合、生命保険金の受取をするためには生命保険金の請求・受取をする必要がございます。 このページでは、生命保険の請求・受取について解説いたします。 生命保険は請求しないと受け取れません 生・・・

自動車の相続:名義変更とは?

相続が発生した場合、被相続人の一切の権利関係が相続の対象となります。 自動車も例外ではなく相続による自動車の名義変更が必要となります。 このページでは、自動車の相続(名義変更)について解説いたします。 自動車の名義変更(・・・

遺留分を取り返す:遺留分減殺請求とは?

(前提知識) 相続が発生した場合、兄弟姉妹を除く相続人には遺留分という最低限保証された相続分が認められています。 自分の遺留分が侵害されている場合には、請求をすれば遺留分を取り戻すことができます。 侵害された遺留分を請求・・・

同時死亡の推定(相続)とは?

複数の者に相続が発生した場合は、相続が発生した順序によって法律関係が大きく変わってきます。具体的には、相続人の構成が変わってきます。 ここで、問題となるのは事故等により複数の方が死亡した場合にどちらが先に死亡したのか不明・・・

失踪宣告(行方・消息不明者)とは?

相続が発生したとき、相続人全員が話し合い(遺産分割協議)を行って相続手続きを進めていくことになります。 では、行方不明の相続人がいるときはどうすればいいのでしょうか? 行方不明の相続人がいる場合は、失踪宣告という方法を取・・・

相続人不存在:特別縁故者(内縁)とは?

相続人がいない(相続人不存在)ということがあります。 具体的な事例としては、法定相続人となる人が不存在の場合・法定相続人全員が相続放棄して、相続人不存在の場合などが考えられます。 このような相続人不存在のケースでは、内縁・・・

相続権が剥奪される:廃除とは?

相続廃除(排除)という制度があります。 廃除(排除)とは、亡くなった方(被相続人)の意思によって相続人の相続する権利を剥奪する制度です。 相続する権利が剥奪されるという点は相続欠格と似ていますが、亡くなった方が自分の意思・・・

相続権が剥奪される:相続欠格とは?

相続欠格という制度があります。 相続欠格とは、相続欠格事由(具体的には、犯罪行為)をした相続人は相続欠格に該当し、当然に相続する権利を剥奪されるという制度です。 このページでは相続欠格について紹介します。 相続欠格に該当・・・

代襲相続と遺留分について

(代襲相続の前提知識) 代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。 (遺留分の前提知識) 遺留分は、配偶者・子(卑属=下の世代)・親(尊属=上の世・・・

相続放棄と代襲相続は関係ある?

(前提知識) 相続放棄:相続に関する一切の権利・負債を放棄すること。 代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。 相続人が相続権を失っているときは・・・

兄弟姉妹の代襲相続(甥・姪)とは?

(前提知識) 代襲相続:被相続人が亡くなる前に、相続人(兄弟姉妹)が死亡している場合に、兄弟姉妹の子(甥・姪)が代襲して相続人となる制度。 相続が発生し、兄弟姉妹が相続権を持つケースがあります。 具体的には、被相続人に子・・・

再代襲相続とは?

(前提知識) 代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。 相続が発生し相続人となる人が既に死亡しているときは、代襲相続によって孫が代襲相続人になり・・・

相続人のひとりが死亡してしまった場合は?

(前提知識) 数次相続:被相続人の死亡後、相続登記や遺産分割協議をしない間に相続人の一人が死亡してしまった場合の相続のこと。 相続が発生すると、相続人の全員で遺産の分け方についての話し合い(遺産分割協議)をすることになり・・・

数次相続と代襲相続の比較

相続登記・相続手続きを進める際に、複数の相続が発生して事例が複雑になっている場合が多々あります。 この場合は、「数次相続」又は「代襲相続」が発生している事例と言えます。 相続が発生する順番によって数次相続・代襲相続と呼び・・・

介護した相続人の寄与分とは?

現在、高齢となった親の介護を自宅でするケースは少なくありません。 その中で、近くに住んで献身的に介護をしている相続人もいれば、遠方にお住まいで年に何回か会う程度の介護をしていない相続人もいらっしゃいます。 親の介護が必要・・・

生前贈与と特別受益とは?

一部の相続人が生前贈与(特別受益)を受けていたというケースは珍しくありません。 住宅購入の際に資金援助を受けたケースなどはよくあることです。 生前贈与(特別受益)を受けた人と、特別受益のない人の相続分は同じなのでしょうか・・・

相続人が海外在住(居住)のときは?

事例としては少ないですが「相続人の中に海外在住・海外居住の相続人がいる場合」も稀にございます。 このページでは、相続人が海外在住・居住の場合の相続について解説いたします。 前提知識:国内在住の相続人について まず、日本国・・・

法定相続分とは?どういう割合になるの?

相続が発生したとき、誰が相続人になるのかは法律で規定されています。 ≪法定相続人についての解説はこちら≫ また、相続人の相続分(割合)についても法律で規定されています。 このページでは、法定相続分について解説いたします。・・・

法定相続人は誰が該当するの?

相続人となる人は「民法」という法律により規定されています。 基本的には、相続人以外の人は遺産を相続することができません。 このページでは、法定相続人について解説いたします。 法定相続人は配偶者と血族相続人に分かれる 法定・・・

遺言を書く時の注意点:遺留分とは?

遺言書を書くことにより、自分の死後の相続トラブルの予防に役立つことがあります。 しかし、遺言書を書いた場合であっても、その内容によっては逆に相続トラブルの種になってしまうことがよくあります。 民法には「遺留分(いりゅうぶ・・・

相続分の譲渡ってなに?

相続が発生したときは、原則相続人全員の話し合い(遺産分割協議)で遺産の分割方法について決定することになります。 例外ではあるのですが、遺産分割協議前に相続分を有する相続人は、他人に自分の相続分を譲渡することができます。こ・・・

未成年者が含まれるときの遺産相続:特別代理人とは?

遺産相続が発生すると、相続人同士で遺産の分配について話し合い、その結果に基づいて遺産相続手続きを進めていきます。 ただ、未成年の相続人が含まれている場合には注意が必要です。通常の相続手続きとは対応方法が異なります。 相続・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ