「相続放棄のお役立ち情報」の記事一覧

相続放棄・事実上の相続放棄の違いとは?

故人の遺産が「資産より負債の方が大きい」場合には相続放棄が大変有効です。 これにより、借金を背負うことを回避できるからです。 この場面において、 ・相続放棄 ・事実上の相続放棄 と紛らわしい2つの制度があります。 両者は・・・

遺贈を放棄したいときは?(包括遺贈・特定遺贈)

前提知識:遺言書により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈には「包括遺贈」と「特定遺贈」がある。 遺贈を受ける人(受遺者)は、遺贈を受ける・遺贈を放棄するという選択を自由に行うことが認められています。 遺贈には・・・

相続放棄と代襲相続は関係ある?

(前提知識) 相続放棄:相続に関する一切の権利・負債を放棄すること。 代襲相続:被相続人(祖父)が亡くなる前に、相続人(子)が死亡している場合に、子の子(孫)が代襲して相続人となる制度。 相続人が相続権を失っているときは・・・

相続放棄と限定承認の違いとは?

相続が発生した場合、単純承認(全遺産を相続)することが多いです。 ただし、その他に「相続放棄・限定承認」といった方法も存在します。 相続放棄と限定承認について簡単に説明すると、 ・相続放棄=一切の相続財産を放棄する(相続・・・

限定承認のメリット・デメリットとは?

相続が発生した際には「限定承認」という選択肢があります。 被相続人の遺産のうち資産が多いのか借金が多いのか不明な場合、限定承認という方法が有効です。 ただ、限定承認という制度は専門的で馴染みも薄く、とてもわかりづらいです・・・

限定承認とは?

相続が発生した場合、相続人は、 ・単純承認 ・限定承認 ・相続放棄 のどれかを選択することができます。 普通に相続することを単純承認というのですが、その他に相続放棄・限定承認という方法がございます。 限定承認というのは、・・・

相続人が故人の連帯保証人:相続放棄は有効?

相続財産のうち資産より負債が多い場合には、相続放棄が有効です。 相続により借金を背負う事態を防ぐことができるからです。 事例としては稀ですが、相続人が故人の連帯保証人になっていることがあります。 この場合、相続放棄は有効・・・

被相続人が第三者の連帯保証人:相続放棄すべき?

故人が第三者の連帯保証人になっているというケースがございます。 この場合は相続放棄しておいたほうが良いのでしょうか? 本人の債務ではないので、相続放棄は不要なのでしょうか? このページでは、被相続人が第三者の連帯保証人に・・・

相続放棄できなくなる:法定単純承認とは?

相続が発生した場合は ・単純承認 ・限定承認 ・相続放棄 の3つの方法を選ぶことが出来ます。 単純承認とは? 故人の財産・負債を全て相続すること単純承認といいます。 (シンプルに権利関係の全部を承継する) 大半の相続事例・・・

相続放棄と遺産分割協議での相続分放棄の違いとは?

遺産相続の際、 ・相続放棄 ・遺産分割協議での相続分放棄 という制度があります。 両者は名前も内容も似ているため大変混同しやすい論点です。 プラスの財産を相続しない点は両者同じ! 故人の遺産を相続しないという点では「相続・・・

相続放棄の期間延長はできる?

相続放棄にはという熟慮期間(相続が発生し、自分が相続人であることを知ってから3か月)が定められています。 そのため、相続開始後3か月という期間内に相続放棄の申立を家庭裁判所にしなければなりません。 しかし、3か月の期間内・・・

3ヶ月期間経過後の相続放棄はできる?

被相続人の借金を相続すること回避するためには家庭裁判所へ相続放棄の申述をしなければなりません。 相続放棄には3ヶ月という期間制限があり、原則は自分が相続人であることを知ってから3ヶ月経過前に家庭裁判所へ相続放棄の申述をし・・・

相続放棄の必要書類とは?

故人の遺産のうち「資産より借金の方が多い場合」には相続放棄が有効です。 なお、相続放棄は家庭裁判所への申述(申立て)が必要となります。 申述後、家庭裁判所からの審判があって初めて相続放棄としての効力が発生します。 そのた・・・

相続放棄のメリット・デメリットとは?

相続発生に伴い故人の権利義務が相続人に承継されます。 ただし、絶対に相続しなければならないというわけではなく、相続人自身が「相続する・しない」を選択することが可能です。 選択は一度限り! なお、相続放棄をするかどうかの選・・・

知らないと大変!相続放棄の期限とは?

相続放棄は、遺産のうち財産より借金の方が多い場合に大変有効です。 (=借金を相続しなくて済むため) ただ、相続放棄はいつでもできるというわけではありません。 相続放棄には期限があるのです。 このページでは、相続放棄の期限・・・

相続放棄とは?

死亡により故人に属する一切の権利義務が相続人に承継されます。 ただ、必ずしも財産債務を相続をしなければならないわけではありません。 場合によっては、相続したくないというケースも存在します。 相続をしたくないという方向けに・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ