「相続書類の書式・ひな形」の記事一覧

相続関係説明図に死亡した人物の記載は必要?

故人の遺産に不動産が含まれる場合、相続登記が必要です。 相続登記申請の際には「相続関係説明図」という親族関係を表した図を法務局に提出します。 今回の遺産相続の対象者(被相続人)以外で、既に死亡している親族がいる場合があり・・・

郵便局で取得した戸籍・住民票・印鑑証明書は相続に使える?

相続手続きを進める際には、事前に必要書類の準備が必要になります。 ただ、平日に役所に行くことが難しいという方も少なくありません。 現在、郵便局で「戸籍謄本・住民票・印鑑証明書など」の遺産相続の必要書類を取得可能な自治体が・・・

登記原因証明情報の書式・ひな形(生前売買による所有権移転)

不動産登記は管轄の「法務局」に対して申請を行います。 登記申請の際には、申請書と一緒に提出すべき「添付書類」があります。(登記の種類ごとに定められている。) 添付書類の中に「登記原因証明情報」という書類があります。 登記・・・

遺産分割協議書(未登記建物)の書式・ひな形

遺産の中に不動産が含まれるケースは大変多いです。 遺産相続が発生したときには、相続人全員で遺産分割協議を行います。 不動産は「不動産登記簿」という帳簿によって管理されているのですが、場合によっては登記されていない建物(=・・・

相続関係説明図は手書きでも大丈夫?

故人名義の不動産があるときは、不動産の名義変更手続きが必要です。 この名義変更手続きのことを相続登記といいます。 相続登記は法務局に対して申請する手続きです。登記申請する際には、事前に書類の準備が必要となります。 法務局・・・

相続登記の原本還付の綴じ方・割印方法

故人所有の不動産がある場合には相続登記の申請が必要です。 登記申請の際に「原本還付」をすると登記完了後に各書類の原本を返却してもらえます。 このように原本還付は大変便利な制度なのですが、イマイチやり方がわからない..とい・・・

相続登記申請書(持分移転)の書式、書き方

故人名義の不動産があるときは相続登記の申請が必要です。 必要書類の準備ができたら、相続登記申請書を作成しましょう。 相続登記申請書(持分移転) 相続登記の申請書は事例に応じて様々なパターンがあります。 故人が ・不動産を・・・

相続登記申請書(法定相続)の書式・書き方

故人名義の不動産があるときには相続登記の申請が必要です。 ただ「相続登記」と言っても様々な遺産相続パターンがあります。 事例に応じて相続登記申請書の書式も当然に変わってきます。 法定相続による相続登記 「法定相続による相・・・

固定資産評価証明書の代理取得委任状の書式・ひな形

不動産の登記申請をする際には、法務局に一定の金額の税金を支払わなければなりません。 この税金のことを「登録免許税」といいます。 この登録免許税の計算にあたって「固定資産評価証明書」が必要になります。 (登記申請の際には必・・・

土地・建物の登記簿謄本の取得方法・取り方

故人の遺産に不動産があるときは、相続登記が必要になります。 相続登記を進める際には、まず登記簿謄本の取得をしましょう。 被相続人がどこに不動産を所有していたのか、不動産の権利関係を登記簿謄本を取得し事前に調査する必要があ・・・

相続関係説明図(特別受益者)の書式、書き方

(特別受益者の前提知識) 特別受益者=被相続人から生前に特別の受益を受けた相続人(住宅資金を出してもらった、生前贈与を受けたなど)のことを特別受益者といいます。 相続人に特別受益者がいる場合、遺産分割協議での中で分配方法・・・

相続関係説明図(持分)の書式、書き方

遺産相続は様々な事例があります。 ・故人が不動産を持分所有しているケース (所有権の2分の1割合を所有) ・ひとつの不動産を複数人で共同相続するケース (不動産をA2分の1、B2分の1ずつ相続する) などが「所有権全部」・・・

相続関係説明図(代襲相続)の書式、書き方

故人の相続開始以前に推定相続人が先に死亡しているケースを代襲相続といいます。 【代襲相続の具体例】 ・被相続人の死亡前に子が死亡しているとき →この事例では、被相続人の孫が子を代襲して相続します。 (孫が代襲相続人となる・・・

相続関係説明図(数次相続)の書式、書き方

第1の相続発生後、相続登記をしない間に二次相続が発生してしまう事例を「数次相続」と呼びます。 数次相続の場面で故人の遺産に不動産が含まれるときは、相続登記の申請が必要です。 相続登記の添付書類となる「相続関係説明図」につ・・・

相続関係説明図(養子縁組)の書式、書き方

故人の遺産に不動産(土地・建物)がある場合、相続登記が必要です。 このページでは「養子縁組がある場合の相続関係説明図」について紹介いたします。 不動産の名義変更(相続)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続きを進め・・・

相続関係説明図(離婚・再婚)の書式、書き方

遺産に不動産があるときは、法務局に相続登記の申請が必要です。 このページでは相続登記の際に必要となる「相続関係説明図」について解説いたします。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記・・・

相続関係説明図(兄弟姉妹)の書式、書き方

故人の遺産に不動産が含まれる場合、法務局への相続登記の申請が必要です。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記)をするとき、相続関係説明図を作成しなければいけません。 相続関係説明図・・・

相続関係説明図の書式、書き方

故人の遺産に不動産が含まれる場合、法務局への相続登記の申請が必要です。 相続登記の際に法務局に提出する書類は、あらかじめ定められています。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記)を・・・

相続登記の上申書の書式、書き方

相続登記の際、故人の住民票除票又は戸籍の附票が必要となります。 これは、 ・亡くなった方の死亡時の住所 ・不動産登記簿に記載されている人の住所 を照らし合わせ両者が同一人物であることを証明するためです。 相続登記に上申書・・・

戸籍・住民票代理取得用委任状の書式、ひな形

相続手続きを進める際は、必ずと言っていいほど戸籍謄本が必要です。 それは、戸籍謄本によって家族関係(相続関係)を証明するためです。 いくら口頭で「自分が相続人である旨」を伝えたところで、 ・戸籍謄本を用意してください ・・・・

相続登記の委任状の書式、書き方、ひな形

相続登記の申請人となるのは「不動産を相続する方」です。 不動産取得者が1人のときは、その人が単独で相続登記を申請します。 また、共同相続とする場合(Aさん2分の1、Bさん2分の1)には、2人揃って登記申請することが一般的・・・

所有権移転登記申請書(遺贈)の書式、書き方

遺言により遺産を与える(贈与する)ことを遺贈といいます。 被相続人が、不動産を贈与(遺贈)するという遺言書を残していた場合は、相続登記ではなく遺贈を原因とする所有権移転登記申請書を作成する必要があります。 相続登記と遺贈・・・

相続登記申請書(数次相続)の書式、書き方

第1の相続が発生し、相続登記をしないうちに相続人のうちの一人が死亡する。このような相続を数次相続といいます。 数次相続のときは、通常の相続登記と申請書の書き方が異なります 故人の遺産に不動産があるときは、相続登記という手・・・

相続登記申請書の書式、書き方

故人の遺産に不動産が含まれるときは、相続登記が必要です。 (相続登記とは不動産の名義変更のことです。) 相続登記には必要書類(戸籍ほか)がございます。 必要な書類一式が集まったら、相続登記申請書を作成し管轄の法務局へ申請・・・

特別受益証明書の書式、書き方

(特別受益者の前提知識) 生前に特別な受けた特別な利益(住宅資金など)のことを「特別受益」といい、特別受益のある相続人のことを「特別受益者」とよびます。 特別受益証明書の作成が必要なとき 相続が発生した場合、遺産分割協議・・・

相続分譲渡証明書の書式、書き方

相続が発生すると各相続人は法律の規定に基づいた相続割合を持ちます。この割合のことを「法定相続分」と呼びます。 相続分のとおり遺産相続をするケースはあまり多くない 【相続分の具体例:故人Aさんの相続】 相続人:妻B、長女C・・・

遺産分割協議書(上申書一体型)の書式、ひな形、書き方

相続が発生したときには、遺産分割協議(話し合い)が必要です。 遺産分割協議がまとまったときは、名義変更手続きを進めるために遺産分割協議書の作成に進みましょう。 不動産の相続手続きをするとき、稀に上申書が必要なときがある ・・・

遺産分割協議証明書の書式、ひな形、書き方

相続が発生すると、遺産分割協議(話し合い)が必要です。 協議がまとまり次第、その内容に沿った「証明書類」を作成します。 相続人が多いときは遺産分割協議証明書を使いましょう 遺産分割協議の証明書として「遺産分割協議証明書」・・・

遺産分割協議書(債務、負債)の書式、ひな形、書き方

遺産相続は、被相続人の遺産すべてが対象となります。 そのため、遺産分割協議の対象となるのは資産だけではなく、債務や負債も含みます。 資産に比べて負債が多いときには「相続放棄」が有効ですが、「資産>負債」のときには負債を含・・・

遺産分割協議書(自動車)の書式、ひな形、書き方

相続が発生すると、遺産分割協議が必要になります。 被相続人の遺産すべてが相続(=遺産分割協議)の対象となります。 もちろん、自動車も遺産分割協議の対象となり、遺産分割協議が成立した場合には、自動車の記載のある遺産分割協議・・・

遺産分割協議書(共有持分)の書式、ひな形、書き方

被相続人の遺産全てが「単独所有」とは限りません。不動産などの遺産を第三者と共有している(共有持分で遺産を所有している)ケースがございます。 この場合は「共有持分」について全員で遺産分割協議を行います。 不動産の共有持分を・・・

遺産分割協議書(未成年者・特別代理人)の書式、ひな形

遺産相続発生後は、相続人全員で遺産分割協議(相続方法についての話し合い)を行うことが一般的です。 相続人の中に未成年者が含まれるケースがあります。 例えば「小学生の相続人など」は「遺産分割協議」に自分で参加するのでしょう・・・

遺産分割協議書(成年後見人)の書式、ひな形、書き方

相続が発生すると、基本的には相続人の話し合い(遺産分割協議)で遺産の分割について決定することになります。 遺産分割協議には「相続人全員の参加」が原則ですが、例外的に遺産分割協議に参加できない(参加能力を持たない)人がいま・・・

遺産分割協議書(数次相続)の書式、ひな形、書き方

第1の相続が発生し、相続手続きをしないまま相続人が亡くなってしまう(第2の相続が発生するケース)がございます。 このようなケースは「数次相続」と呼ばれ、数次相続により相続権は孫世代等に移ることになります。 数次相続のとき・・・

遺産分割協議書(代償分割)の書式、ひな形、書き方

故人に相続が発生したときは、相続人全員で遺産相続についての話し合いが必要です。この協議のことを遺産分割協議といいます。 現行の制度では遺産分割の方法は 1.現物分割 2.換価分割 3.代償分割 と3種類あります。 今回扱・・・

遺産分割協議書(換価分割)の書式、ひな形、書き方

相続が発生した場合、相続人全員での遺産分割協議が必要になります。(遺言書がある場合を除く) 遺産分割の方法は主に「現物分割・代償分割・換価分割」の3パターンがあります。 ほとんどのケースでは「現物分割」が採用されるのです・・・

遺産分割協議書の書式、ひな形(不動産・銀行預金・株式)

遺産相続の場面では、相続人全員で遺産の分け方についての話し合い(遺産分割協議)をすることが必要です。 遺産相続の対象となる主な資産として 1.不動産 2.銀行預金(預貯金) 3.株式(投資信託・債権など含む) があります・・・

不動産の正しい記述・書き方(遺産相続書類)

相続手続きを進めていくにあたって、「遺産分割協議書」など様々な相続書類の作成が必要になります。 その際には「不動産の書き方」について注意が必要です。 故人の遺産に不動産が含まれるというケースは大変多いと思います。 「自己・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ