「相続書類の取得」の記事一覧

法定相続情報の申請に住民票は必要か?

法定相続情報という書類があります。 これは、相続(親族)関係を書いた図のようなもので、法務局に申請することで取得できます。 法定相続情報申請の際には必要書類が決まっています。 関係当事者の住民票は必要となるのでしょうか?・・・

法定相続情報の取得にかかる手数料は?

法定相続証明情報という書類があります。 (相続関係図・親族関係図のような書面) 法定相続情報は法務局にて取得できるものです。 書類取得に際し、手数料は掛かるのでしょうか? このページでは「法定相続情報の取得にかかる手数料・・・

戸籍取得の料金はどのように支払うの?

遺産相続の際、戸籍謄本は必須の資料となります。 戸籍謄本は「窓口請求・郵送請求」といった方法があります。 この際、戸籍取得の料金はどのように支払うのでしょうか? このページでは「戸籍取得の料金支払方法」について解説いたし・・・

戸籍郵送請求時の返信用封筒は普通郵便でOK?

相続手続きを進めるにあたって、戸籍謄本の取得は必須です。 近い場所であれば直接役所まで出向くことも可能です。 また、窓口請求のほかに郵送請求という方法があります。 郵送請求時、返信用封筒はどの郵便にすればよいのでしょうか・・・

法定相続情報の申請先法務局とは?

法定相続証明情報という書類があります。 (相続関係図:親族関係図のような書面) 法定相続情報は法務局に対して申請を行います。 では、申請先の法務局はどちらになるのでしょうか? このページでは「法定相続情報の申請先法務局」・・・

法定相続情報申請の返信用封筒は書留?

法定相続証明情報という書類があります。 遺産相続のときに、管轄法務局に申請することで発行される書類です。 (相続関係図:親族関係図のような書面) なお、法定相続情報は郵送で申請・受領することが可能です。 郵送時の返信用封・・・

相続登記に使用する変更証明情報(戸籍謄本)

故人所有の不動産がある場合は、相続登記が必要です。 相続登記の添付書類に「変更証明情報」があります。 これはどのような書類を指すのでしょうか? どのような場面で必要となるのでしょうか? このページでは「相続登記に使用する・・・

不在籍不在住証明書を発行しない市区町村はある?

相続登記には「故人の住民票除票(戸籍の附票)」が必要となります。 ただし、これらの書類を取得できないケースも稀に出てきます。 このような場合に必要なのが「不在籍不在住証明書」という書類です。 不在籍不在住証明書はどの市区・・・

評価証明書の切り替えのタイミングはいつ?

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。 相続登記の添付書類に「固定資産評価証明書」があります。 評価証明書は常に最新年度のものが必要となるため、請求する際は書類の年度に注意が必要です。 評価証明書の年度が切り・・・

年度末周辺での相続登記:評価証明書の年度

遺産に不動産があるときは相続登記が必要です。 相続登記の添付書類として「固定資産評価証明書」があります。 評価証明書の年度はいつ時点もものが必要となるのでしょうか? 登記申請にあたり、何か注意点はあるのでしょうか? この・・・

相続登記の添付書類:変更証明情報とは?

故人名義の不動産がある場合には相続登記が必要です。 相続登記の添付書類に「変更証明情報」というものがあります。 これはどういった書類を指すのでしょうか? このページでは「相続登記の添付書類(変更証明情報)」について解説い・・・

遺贈登記の必要書類(遺言執行者あり)

遺言により財産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の対象に「不動産」が含まれるときは、遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記は法務局に対する手続きです。必要書類が決まっています。 このページでは「遺贈登記の必要書類(遺言・・・

戸籍謄本の代理取得を司法書士に依頼できるか?

相続発生後は「遺産相続手続き」が必要になります。 (故人→相続人に承継する手続き) なお、相続手続きの際の必須資料が「戸籍謄本」です。 もちろん、親族の皆さんで戸籍謄本を取得することは可能です。 ただ、 ・慣れていない作・・・

評価証明書取得に必要な戸籍謄本の種類とは?

固定資産評価証明書という書類があります。 これは、不動産の評価額(金額)を証明してくれる書類です。 ・故人名義の不動産相続登記 ・相続税の申告 などの相続手続きの際には評価証明書が必須の書類となります。 相続人の方が故人・・・

住民票の代理取得を司法書士に依頼できるか?

相続手続きを進める際に「住民票」が必要になるケースがあります。 平日に役所に行ける方は良いのですが、中には ・平日役所にいけない ・面倒な書類取得などをお願いしたい という方もいらっしゃいます。 では、住民票の取得を司法・・・

相続人の1人が単独で固定資産評価証明書の取得できる?

故人名義の不動産がある場合には、相続登記が必要になります。 (相続登記とは、法務局にて行う不動産名義変更の手続きのこと) 相続登記申請の際には「固定資産評価証明書」という書類が必要になります。これは、登記申請時に納付する・・・

残高証明書の代理取得を司法書士に依頼できる?

口座名義人が死亡した場合には、遺産相続の手続きが必要となります。 故人の遺産の代表例として挙げられるのが、 ・預貯金 ・株式(投資信託) といった資産です。 預貯金や株式について「残高証明書」という書類が必要になるケース・・・

名寄帳の取得を司法書士にお願いできる?

故人所有の不動産については相続登記が必要となります。 登記対象の不動産を全て把握している場合は問題ありません。 ただ、場合によっては「故人所有の不動産がわからない」ということもあります。 このような場合は「名寄帳」という・・・

相続人による固定資産評価証明書の取得方法

故人名義の不動産がある場合には「相続登記」が必要となります。 相続登記は法務局に対して申請する手続きですが、申請時に「登録免許税」という税金の支払いが発生します。 登録免許税の計算には「固定資産評価証明書」という書類を使・・・

死亡した人の印鑑証明書は取得できる?

遺産相続の場面では ・個人実印 ・印鑑証明書 が必要となる手続きが多くございます。 それでは、亡くなった人(故人)の印鑑は必要となるのでしょうか? 故人の印鑑証明書を取得することはできるのでしょうか? このページでは「死・・・

戸籍請求時の廃棄証明書とは?

相続手続きを行う際「戸籍謄本集め」は必須の作業です。 「故人の出生~死亡」までの一連の戸籍謄本が必要になります。 役所に戸籍請求をした際 ・古い昔の戸籍なのでデータが残っていません ・古い戸籍なので廃棄されています と言・・・

相続登記で使う住民票に続柄・世帯主は必須か?

故人名義の不動産がある場合には「相続登記」が必要になります。 相続登記の必要書類として ・不動産を相続する人の住民票 ・亡くなった方の住民票除票 があります。 なお、住民票を取得する際、「本籍地・世帯主・続柄」などの情報・・・

遺言執行者は固定資産評価証明書を取得できる?

遺言書により遺産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の内容に不動産が含まれるときは、遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記の際の必要書類に「固定資産評価証明書」があります。 こちらは遺言執行者でも取得可能なのでしょうか?・・・

郵便局で取得した戸籍・住民票・印鑑証明書は相続に使える?

相続手続きを進める際には、事前に必要書類の準備が必要になります。 ただ、平日に役所に行くことが難しいという方も少なくありません。 現在、郵便局で「戸籍謄本・住民票・印鑑証明書など」の遺産相続の必要書類を取得可能な自治体が・・・

不動産を相続しない人の住民票は必要?(相続登記)

故人の遺産に不動産が含まれるときは、相続登記が必要です。 相続登記の必要書類に「相続人の住民票」があります。 これは相続人全員について必要なのでしょうか? 不動産を相続する人のみで足りるのでしょうか? このページでは「相・・・

相続登記で使う住民票(戸籍附票)は家族全員の記載が必要?

相続登記とは、不動産の名義変更手続きのことを指します。 故人の遺産に不動産があるときは、相続登記の申請が必要です。 相続登記の必要書類に「相続人の住民票(戸籍の附票)」があります。 これは相続人のみ載っている住民票でよい・・・

古い戸籍が発行できない場合の対処法(廃棄証明書)

相続手続きを進める際、必ず必要になる書類があります。 それは「戸籍謄本」です。 相続の場面では相続人確定のため「出生~死亡」までの連続した戸籍が必要になります。 古い昔の戸籍を取得する際に「既に戸籍データが役所に存在せず・・・

東京23区:評価証明書は何区の都税事務所に請求?

故人名義の不動産がある場合には、相続登記という手続きが必要です。 相続登記の際の必要書類として挙げられるのが「固定資産評価証明書」という書類です。 通常であれば、不動産所在地の市区町村役所に請求するのですが、東京23区に・・・

東京23区:名寄帳はどこの都税事務所に請求する?

故人の遺産に不動産が含まれるケースは大変多いです。 相続手続きを始める前には、まず不動産の調査を行いましょう。 不動産調査の段階で役立つ書類が「名寄帳」です。 一般的に名寄帳は不動産所在地の市区町村に請求するものです。 ・・・

遺産分割協議書の印鑑証明書の有効期限

遺産相続の場面では、相続人全員の話し合いによって遺産の分割方法を決めていきます。 この話し合いのことを「遺産分割協議」といいます。 遺産分割協議がまとまった際に作成するのが「遺産分割協議書」です。 遺産分割協議書には「実・・・

遺産分割協議後に住所変更した相続人(印鑑証明書はどちらもの?)

相続が発生した場合には、相続人全員で遺産相続方法を話し合います。 話し合い成立後は、「遺産分割協議書」という書類を作成します。 なお、遺産分割協議書には各相続人の ・実印での押印 ・印鑑証明書の添付 が必須です。 話し合・・・

相続登記で使う住民票除票は本籍地記載いる?

故人名義の不動産があるときには、不動産の名義変更手続き(相続登記)が必要になります。 法務局に相続登記を申請する際、提出書類として「故人の住民票除票」があります。 今回のテーマはこの「住民票除票」についてです。 住民票除・・・

戸籍謄本と抄本、遺産相続に必要なのはどちら?

相続が発生した場合、遺産相続の手続きが必要となってきます。 このとき「戸籍」の準備が必要です。 戸籍といっても ・戸籍謄本 ・戸籍抄本 の2種類があります。 遺産相続の場面ではどちらを準備すればよいのでしょうか? このペ・・・

遺言書検認の必要戸籍(相続人不存在の場合)

相続人不存在のケースで、遺言書が発見されることがあります。 もし「手書きの遺言書」であれば、まず家庭裁判所での「遺言書検認」という作業が必要です。 遺言書検認の際にはどういった書類が必要となるのでしょうか? このページで・・・

登記簿謄本の取得(地番・家屋番号が分からないときの調べ方)

相続登記をはじめ各種登記申請を行う際には、事前に登記情報を確認する必要があります。 登記情報を確認する際に取得するのが「登記簿謄本」です。 登記簿謄本の請求の際には ・地番(土地について) ・家屋番号(建物について) の・・・

相続人による名寄帳の取得方法

相続手続きをはじめる際、一番最初に行うのが「遺産の調査」です。 財産調査に漏れがあると、「後々相続手続きをやり直し」という可能性もあります。そのため、正確に行うべき作業です。 不動産調査の際に役立つ資料として「名寄帳」が・・・

相続登記の必要書類(住居表示実施証明書)

相続登記とは「故人所有の不動産」について相続人に名義変更をする手続きのことです。 相続登記手続きでは事例に応じた必要書類が定められており、事前に準備が必要です。 「住居表示実施証明書」という書類があります。 皆さんにとっ・・・

相続登記の必要書類(法定相続の場合)

故人所有の不動産について「故人→相続人」に名義変更する手続きを相続登記といいます。 相続登記は各事例に応じて準備すべき必要書類が異なりますので、事前にチェックしておきましょう。 このページでは「法定相続による相続登記の必・・・

戸籍謄本は何通必要か?(遺産相続手続き)

どんな相続手続きを進める際に必ず必要になる書類があります。 それは「戸籍謄本」です。 戸籍謄本は普段頻繁に取得する書類ではないので、取得に際して多くの疑問点が出てくると思います。 戸籍謄本は何通取ればいいの? という疑問・・・

固定資産評価証明書の代理取得委任状の書式・ひな形

不動産の登記申請をする際には、法務局に一定の金額の税金を支払わなければなりません。 この税金のことを「登録免許税」といいます。 この登録免許税の計算にあたって「固定資産評価証明書」が必要になります。 (登記申請の際には必・・・

相続登記の必要書類(代襲相続の場合)

相続登記とは、故人所有の不動産について名義変更をする手続きのことです。相続登記をするためには、事前に書類準備が必要になります。 「シンプルな遺産相続の事例」であれば必要書類取得もそう難しくはないのですが、なかには複雑な案・・・

固定資産評価証明書はどの役所で取得できる?(相続登記)

相続登記(故人の不動産名義変更)をする際、法務局に一定の金額の税金を支払う必要があります。 この税金のことを「登録免許税」といいます。 登録免許税の計算の基準となるのが「固定資産評価証明書に記載されている不動産評価額」で・・・

相続登記の必要書類(遺言書がある場合)

相続登記は事例に応じて「必要書類」が決まっています。 基本的な事例(相続人全員で遺産分割協議をする)のほかに様々な例外があり、「遺言書があるケース」もそのひとつです。 このページでは、相続登記の必要書類(遺言書あり)につ・・・

固定資産評価証明書の代理取得を司法書士に依頼できるか?(相続登記)

相続登記とは故人所有の不動産を相続人名義に変更する手続きです。 相続登記の必要書類のなかに「固定資産税評価証明書」という書類があります。 もちろん相続人の皆様はご自身で取得できる書類なのですが、中には「書類を自分で取得す・・・

不在籍不在住証明書とは?(相続登記)

故人の不動産を相続人名義に変更する手続きを相続登記といいます。 相続登記には期限はありませんが、なるべく早く手続きを済ませることが推奨されています。 ところで「不在籍不在住証明書」という書類の名前は聞いたことがありますか・・・

被相続人の配偶者が死亡している場合、
(亡夫・亡妻)の戸籍謄本は必要か?

相続が発生した場合、相続人(遺産を引き継ぐ権利のある人)は法律により定められています。 現行の制度では、故人に配偶者がいる場合、配偶者は常に相続人です。よって、相続手続きを進めていくにあたって相続人である配偶者の戸籍謄本・・・

相続登記に必要な「戸籍謄本の種類・量」

故人所有の不動産について「故人→相続人」に名義変更する手続きを相続登記といいます。 相続登記の申請は法務局にて行うのですが、その際には相続関係を証明するために「戸籍謄本(改製原戸籍・除籍)」が必要となります。 このページ・・・

相続登記と住民票の除票について

被相続人名義の不動産(土地・建物)があるとき、相続登記という不動産名義変更の手続きが必要になります。 このページでは、相続登記を申請する際の必要書類である住民票の除票について解説しようと思います。 住民票の除票とは? 住・・・

相続放棄の必要書類とは?

故人の遺産のうち「資産より借金の方が多い場合」には相続放棄が有効です。 なお、相続放棄は家庭裁判所への申述(申立て)が必要となります。 申述後、家庭裁判所からの審判があって初めて相続放棄としての効力が発生します。 そのた・・・

遺産分割協議書の必要書類とは?

遺産相続の発生後は、相続人全員での話し合いが必要です。 当事者間での協議がまとまったら「遺産分割協議書」という書類を作成します。 ただ、遺産分割協議書を作成するにあたって事前に準備すべき資料があります。「正確な・法的に有・・・

相続登記の必要書類(未成年:特別代理人)

故人の遺産に不動産があるときは、相続登記が必要になります。 ただ、未成年者の相続人がいるときには注意が必要です。 未成年相続人に対する特別代理人 前提知識:未成年の相続人は遺産分割協議できませんので特別代理人が必要となり・・・

相続登記の必要書類(遺言書あり・住民票除票が廃棄済)

亡くなった方(被相続人)が不動産(土地・家・マンション)を所有していた場合には、相続登記が必要です。 相続登記の必要書類は法律により定められており、事前に必要書類の準備が必要です。 なお、このページでは、イレギュラーな場・・・

相続登記の必要書類・集め方ガイド

相続登記とは故人所有の不動産について名義変更をする手続きです。 相続登記申請前に必要書類の準備をしましょう。 このページでは、基本的な事例の相続登記の必要書類を解説します。 相続登記の必要書類1:戸籍謄本・原戸籍・除籍 ・・・

土地・建物の登記簿謄本の取得方法・取り方

故人の遺産に不動産があるときは、相続登記が必要になります。 相続登記を進める際には、まず登記簿謄本の取得をしましょう。 被相続人がどこに不動産を所有していたのか、不動産の権利関係を登記簿謄本を取得し事前に調査する必要があ・・・

戸籍・住民票代理取得用委任状の書式、ひな形

相続手続きを進める際は、必ずと言っていいほど戸籍謄本が必要です。 それは、戸籍謄本によって家族関係(相続関係)を証明するためです。 いくら口頭で「自分が相続人である旨」を伝えたところで、 ・戸籍謄本を用意してください ・・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ