「遺言書のお役立ち情報」の記事一覧

検認を欠席した場合は罰則があるのか?

故人が書いた遺言書(自筆証書遺言)がある場合、家庭裁判所での検認が必要になります。 検認期日については各当事者に裁判所から郵送で案内が届きます。 期日当日には欠席してもよいのでしょうか? 欠席した場合には罰則があるのでし・・・

遺贈登記の登録免許税の税率は?

故人名義の土地・建物がある場合には「不動産名義変更」が必要です。 相続を原因として名義変更する手続きを「相続登記」といいます。 遺言による贈与=遺贈登記 遺産相続の場面で故人が遺言書を書いているケースがあります。 「遺言・・・

遺言書検認申立てに各相続人の住民票は必要?

故人が生前に遺言書を書いているケースがあります。 手書きの遺言書(自筆証書遺言)であれば、まず家庭裁判所での検認が必要です。 検認申立ての際の必要書類は決まっています。 相続人全員の住民票は必要となるのでしょうか? この・・・

古い遺言書(内容が重複しない部分)の取扱いは?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 なお、遺言書は1通のみとは限りません。 複数の遺言書が発見されることもあります。 古い遺言書の取扱いはどうなるのでしょうか? このページでは「古い遺言書(内容が重複しない部・・・

遺言書検認で相続人目録の住所に誤りがあったとき

故人が生前に遺言書を書いているケースがあります。 遺言書が「自筆証書遺言(手書き)」の場合には、まず家庭裁判所での検認が必要です。 なお、検認申立書には法定相続人全員の住所を記載します。 住所に誤りがあったときは、どう対・・・

相続人の1人が単独で遺言書検認申立は可能?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 遺言書が「自筆証書遺言(手書きのもの)」の場合には、家庭裁判所での検認手続きが必要です。 検認は相続人のひとりから単独で申立て可能なのでしょうか? 当事者全員で共同して申立・・・

封印されていない遺言書でも有効?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 遺言書が「封印されている・封印されていない」と両方のケースが考えられます。 発見した遺言書が封印されていなくても有効なのでしょうか? 紙一枚だけの遺言書でも有効なのでしょう・・・

検認した遺言書は全て有効なの?

遺産相続の場面で遺言書が発見されることがあります。 手書きの遺言書(自筆証書遺言)の場合には、まず家庭裁判所での検認が必要です。 検認をした遺言書は全て有効なのでしょうか? 検認しても使用できない遺言書はあるのでしょうか・・・

明らかに遺言書の形式を満たさないものも検認は必要?

遺産相続の場面で故人の書いた遺言書が見つかることがあります。 なお、形式に沿って作成された文書のみが遺言書となります。 「明らかに形式を満たさない遺言書らしきもの」 こちらは、どのような扱えばよいのでしょうか? これらに・・・

公正証書遺言は検認しなくて大丈夫?

故人が生前に遺言書を書いているケースがあります。 遺言書には、 ・自筆証書遺言 ・秘密証書遺言 ・公正証書遺言 と主に3つの種類があります。 自筆証書遺言の場合には「遺言書の検認」が必須となります。 公正証書遺言でも検認・・・

遺言書の押印は実印以外でも有効?

故人が生前に遺言書を残している場合があります。 自筆証書遺言(手書きの遺言)の場合には、「本人の押印」が遺言書の必須要件です。 以前、相続人の方から 「押印が実印でなくてもこれは遺言書となるのか?」 という相談を受けまし・・・

検認した遺言書が様式を満たさない場合は?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 手書きの遺言書のことを「自筆証書遺言」といいます。 遺言書の形式が「自筆証書」の場合には、まず家庭裁判所にて検認が必要です。 検認した遺言書が様式を満たさない場合はどうなる・・・

遺言書に書かれた財産が生前に処分されているときは?

故人が生前に遺言書を残していることがあります。 ただ、 ・遺言書を書いた時点 ・遺言書の効力発生日 には長い期間のズレがある事が多いです。 遺言書に書いてある財産が既に処分されているときは、どのような取扱いとなるのでしょ・・・

自筆証書遺言と公正証書遺言が両方見つかった場合は?

故人が生前に遺言書を残しているケースがあります。 通常、遺言書は「1通」であることが多いのですが、稀に複数通の遺言書が出てくることがあります。 遺言書には主に2種類の形式がある 現在、多く使われる遺言書として ・自筆証書・・・

遺言書が複数見つかった場合の取扱いは?

遺品の整理を行う中で「遺言書」が発見されることがあります。 遺言が複数見つかった場合はどうすればよいのでしょうか? それらの内容が相反する場合はどのような取扱いになるのでしょうか? このページでは「遺言書が複数見つかった・・・

遺言執行者に指定された人が欠格事由のケース

故人が残した遺言がある場合、その内容を実現させる人を「遺言執行者」といいます。 遺言執行者には「親族の方・親族でない方」どちらも就任することができます。 また、専門職(弁護士・司法書士など)が遺言執行者となる事例も多いで・・・

遺言執行者が複数いるときの執行・役割分担

遺言書がある場合は、原則として遺言書どおりに相続手続きを進めていきます。 ただ、遺言書の効力発生時点では遺言者(遺言書を書いた人)は既に亡くなっています。 そのため、相続人や遺言執行者が実際の手続きを行います。 遺言の内・・・

遺言執行者を複数人指定しても大丈夫?

遺言の内容実現のために動く人のことを「遺言執行者」といいます。 ・遺言書の中で遺言執行者を指定する ・家庭裁判所に遺言執行者選任を申し立てる といった方法で執行者が選ばれるケースが多いです。 では、遺言執行者は複数人指定・・・

遺言執行者は親族でも大丈夫?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 その場合には、遺言書の内容に従って遺産相続を進めるのが原則です。 遺言の執行にあたって「遺言執行者」を選任することがあります。 遺言執行者は親族でも大丈夫なのでしょうか? ・・・

遺言執行者は固定資産評価証明書を取得できる?

遺言書により遺産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の内容に不動産が含まれるときは、遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記の際の必要書類に「固定資産評価証明書」があります。 こちらは遺言執行者でも取得可能なのでしょうか?・・・

遺言書検認申立書の押印は認印・実印どっち?

相続発生後、手書きの遺言書が発見されることがあります。 手書きの遺言書のことを「自筆証書遺言」といいます。 自筆証書遺言は、そのままの状態ではすぐ遺産相続に使用することはできません。まず、家庭裁判所での遺言書検認が必要な・・・

遺言執行者申立の際に申立人・候補者に郵送される照会書

故人様が生前に遺言書を書いていたという場合があります。 そのような場合には、原則として遺言書の内容に則って遺産相続を進めていきます。 遺言の内容を実行する人:遺言執行者 遺言の内容を実現するための役割の人のことを「遺言執・・・

遺言書検認の必要戸籍(相続人不存在の場合)

相続人不存在のケースで、遺言書が発見されることがあります。 もし「手書きの遺言書」であれば、まず家庭裁判所での「遺言書検認」という作業が必要です。 遺言書検認の際にはどういった書類が必要となるのでしょうか? このページで・・・

遺贈登記は共同申請?それとも単独申請?

遺贈の内容に不動産が含まれるときには遺贈登記の申請が必要です。 遺贈登記など不動産登記を申請する場合 ・単独申請 ・共同申請 と2つの申請形態があります。 遺贈登記は受遺者が単独申請できるのでしょうか? それとも共同申請・・・

相続人に対する遺贈登記(登録免許税)

遺言書により財産を第三者に贈与することを遺贈といいます。 遺贈の対象物に「不動産」が含まれるときは、不動産登記(遺贈登記)の申請が必要です。 登記申請の際には法務局に対して「登録免許税」という名称の税金の支払いが必要です・・・

遺贈登記の登録免許税について

遺贈の対象に不動産が含まれている場合、遺贈登記が必要です。 遺贈登記など各種登記申請をする場合には、法務局に対して「登録免許税」という税金の支払いが必要になります。 実は、登録免許税の税率は、登記申請の内容によって異なる・・・

遺言執行者と受遺者が同一人物でも大丈夫?

遺言書により財産を贈与することを遺贈といい、遺贈を受ける側(財産をもらう人)のことを「受遺者」と呼びます。 遺言書があるとき、場合によっては遺言執行者の選任をした方が良いケースがあります。 このとき、受遺者を遺言執行者と・・・

遺言執行者(候補者)の指定は可能ですか?

遺言書の内容を忠実に実行する人のことを「遺言執行者」といいます。 遺言執行者については必須ではないことが多いのですが、場合によっては遺言執行者を選任した方がその後の遺産相続がスムーズに進行することもあります。 では、遺言・・・

相続人不存在での遺贈登記(遺言執行者必須)

遺言により財産を贈与することを遺贈といいます。 遺贈の対象に不動産が含まれていた場合には、所有権移転(遺贈登記)の申請が必要です。 ですが、相続人不存在の場合は、いったい誰が遺贈登記の当事者となるのでしょうか?? このペ・・・

遺言書検認・遺言執行者選任の手続きの順番

遺産相続が発生し、故人が生前に書いていた遺言書が発見されるケースがあります。 手書きの遺言書であれば、まず家庭裁判所にて「遺言書の検認」をしなければなりません。 また、遺言執行者が必要な場合には「遺言執行者の選任」も併せ・・・

遺言執行者の選任申立て方法

故人が生前に遺言書を書いていた場合、事例によっては遺言執行者の選任をしたほうが良いケースがあります。 遺言執行者の指定は主に 1.遺言書の中で指名する 2.家庭裁判所に選任申立てをする の2つがケースとして多いです。 遺・・・

遺言書が複数あるときは?

故人の遺品整理をしていると遺言書が発見されることがあります。 遺言書が1通のみであればそれに従えば良いのですが、問題は「遺言書が複数発見された場合」です。 遺言書が複数あるときは、どのように取り扱えばよいのでしょうか? ・・・

遺贈(包括遺贈・特定遺贈)と債務の関係は?

遺言書によって相続人等に財産を与えることを「遺贈」といいます。 遺言書を書いた人物が多額の債務を抱えていたケースがあります。 この場合、受遺者(遺贈を受けた人)は債務を引き継ぐのでしょうか? このページでは、遺贈(包括遺・・・

死因贈与と遺贈の違いとは?

遺産相続の場面で「遺贈・死因贈与」という2つの制度があります。 両者は大変よく似ている制度で同じ部分も多いですが、取扱いが異なる点もございます。 このページでは、死因贈与と遺贈の違いについて解説いたします。 遺贈・死因贈・・・

遺贈と相続の違いとは?

遺産相続の場面では「遺贈・相続」と2つの類型があります。 遺贈と相続では相違点がいくつか存在します。 遺贈と相続の違いは何なのでしょうか? このページでは遺贈と相続の違いについて解説いたします。 遺贈とは? まず先に「遺・・・

遺贈による所有権移転登記(名義変更)とは?

遺言書により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 (遺贈の具体例:「私Aは甲土地をBに遺贈します」) 遺贈により財産を相続人・相続人以外の第三者に譲り渡すことができます。 不動産の遺贈:遺贈登記が必要となる 不動産の・・・

包括遺贈・特定遺贈には農地法の許可がいる?

遺言により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈の対象に農地(田・畑)が含まれることがあります。 この場合、農地法の許可が必要となるのでしょうか? このページでは、遺贈(包括遺贈・特定遺贈)と農地法の許可について・・・

遺言書は代襲相続される?

遺言書の効力発生時点は「遺言者の死亡時」です。 遺言書は元気なうちに書いておくことが通常です。 そのため、遺言書を作成した後、効力発生までの間には様々な事情が起こります。 「遺産を相続させようとした人が遺言者より先に死亡・・・

遺言書作成後に相続人が死亡した場合の効力は?

遺言書によって特定の相続人に財産を相続させることができます また、第三者に遺産を贈与(遺贈)することもできます。 遺言書作成~効力発生までは長い期間がある! なお、遺言書の効力が実際に発生するのは遺言書を書いた方が死亡し・・・

遺贈の放棄方法とは?(包括遺贈・特定遺贈)

遺言書により財産を贈与することを「遺贈」といいます。 遺贈を受ける人(受遺者)は、「遺贈を受ける・権利を放棄する」という選択を自由に行うことが認められています。 では、遺贈の放棄はどのように手続きすればよいのでしょうか?・・・

包括遺贈と特定遺贈の違いとは?

遺言書によって相続人や相続人以外の第三者に財産を贈与することを「遺贈」といいます。読み方は「いぞう」です。 遺贈には「包括遺贈・特定遺贈」の2種類があります。 両制度はどのような違いがあるのでしょうか? このページでは、・・・

遺言書の検認にかかる費用とは?

手書きの遺言書が見つかったときには、家庭裁判所にて遺言書の検認を受ける必要があります。 遺言書の検認にはどういった費用が掛かるのでしょうか? このページでは、遺言書の検認にかかる費用について解説いたします。 遺言書の検認・・・

検認期日は出席が必要?

遺産相続の場面で、故人の遺言書が発見されるケースがあります。 手書きの遺言書に関しては、家庭裁判所にて「遺言書の検認」という手続きが必要になります。 また、遺言書の検認が実施される日のことを「検認期日」といいます。 遺言・・・

遺言書は勝手に開封していいの?

相続が発生し、故人の遺品整理していると遺言書が発見されることがあります。 遺言書が封印されている場合は取扱いに注意が必要です。 勝手に開封した場合にはペナルティーがあるからです。 発見した遺言書はどのように扱えばよいので・・・

遺言書検認の申立て方法とは?

相続が発生したとき、遺言書の有無は重要なチェックポイントです。 遺言書の有無により、その後の手続きが変わってくるからです。 手書きの遺言書=裁判所で検認が必要 遺言書の種類には、 ・手書きで作成する遺言書(自筆証書遺言)・・・

遺留分を取り返す:遺留分減殺請求とは?

(前提知識) 相続が発生した場合、兄弟姉妹を除く相続人には遺留分という最低限保証された相続分が認められています。 自分の遺留分が侵害されている場合には、請求をすれば遺留分を取り戻すことができます。 侵害された遺留分を請求・・・

代襲相続と遺留分の関係とは?

代襲相続と遺留分は混同しやすく、勘違いされる方が多い論点です。 代襲相続により遺留分も引き継がれるのでしょうか? 代襲相続により相続人となった人は、遺留分を有するのでしょうか? このページでは、代襲相続と遺留分について解・・・

遺言執行者とは?

遺言書作成者が死亡した時点で、遺言書の効力が発生します。 相続発生後は、遺言書に書かれている内容に従って相続を進めていくこととなります。 遺言書の内容に従って相続を進めていく人を遺言執行者といいます。 遺言執行者はどうい・・・

遺言を書く時の注意点:遺留分とは?

死後の相続トラブルの予防に遺言書は有効です。 しかし、遺言書を書いた場合であっても、その内容によっては逆に相続トラブルの種になってしまうことがあります。 民法には「遺留分(いりゅうぶん)」という規定が存在します。 遺留分・・・

遺言書の検認とは?

故人が生前に遺言書を書いていることがあります。 自筆証書遺言(手書き)の場合、死亡後そのまま相続手続きに使用できるわけではありません。 遺言の内容を実現させるためには、家庭裁判所において遺言書の検認が必要となります。 遺・・・

秘密証書遺言とは何?

「自筆証書遺言」=手書きの遺言書 「公正証書遺言」=公証役場で公証人に作成してもらう形式の遺言書 遺言書作成時は、上記の2つの種類のいずれかで遺言書を作成される方が多いです。 事例としては珍しいのですが、公証役場で作成す・・・

公正証書遺言の費用・手数料とは?

公正証書遺言とは、公証役場で公証人が作成する形式の遺言書です。 数ある遺言書の中で、最も安全・確実な遺言書の類型となります。 なお、公正証書遺言を作成するにあたっては、手数料が発生します。 具体的にいくら必要となるのでし・・・

公正証書遺言の証人とは?

公正証書遺言という形式の遺言書があります。 公正証書遺言とは、公証役場にて公正人に作成してもらう遺言書です。 遺言書の類型の中では、最も安全・確実な遺言となります。 なお、公正証書遺言作成にあたっては「証人」が必要となり・・・

公正証書遺言とは?

遺言書にはいくつか種類があります。 代表的なものとして「公正証書遺言」があります。 これは、どういったタイプの遺言書なのでしょうか? 公正証書遺言はどのような特徴があるのでしょうか? このページでは、公正証書遺言の特徴に・・・

遺言書(自筆証書遺言)の正しい書き方(2)

自分で書く形式(手書き)の遺言書を自筆証書遺言といいます。 遺言書は法律文書となるため、様式に沿って作成する必要があります。 遺言書は、どのように書けば良いのでしょうか? このページでは、正しい自筆証書遺言の要件・書き方・・・

遺言書(自筆証書遺言)の正しい書き方とは?

自分で書く(手書き)形式の遺言書を「自筆証書遺言」といいます。 自筆証書遺言は「ペン・紙・印鑑」さえあれば簡単に作成することが可能です。 手軽であるため、自筆証書遺言は士業や公証人などの専門職が関与せずに作成されることが・・・

遺言書の種類:どれを選択すれば?

遺言書は、自分の想いを家族に伝える大変重要な書類です。 遺言書は主に、 ・自筆証書遺言 ・公正証書遺言 ・秘密証書遺言 の3種類があり、それぞれ特徴があります。 自分が遺言書を書く時は、どの種類を選べばよいのでしょうか?・・・

遺言書の安全な保管方法とは?

遺言書は、自分の想いを家族に伝える大変重要な書類です。 ただ、遺言書は作成して終わりではありません。 遺言書を作成した後は「保管」の問題があります。 遺言書を作成した後、どのように保管すればよいのでしょうか? このページ・・・

遺言書を書いた方が良い人とは?(2)

遺言書を書くことにより、 ・最後のメッセージを家族に伝えることが出来る ・無用な相続トラブルの予防に役立つ ・自分の意思を遺産相続に反映させることができる ということが可能となります。 では、どのような方が遺言書を書いた・・・

遺言書を書いた方が良い人とは?(1)

生前に遺言書を書く方が増えてきています。 遺言書作成の良い点は、 ・最後のメッセージを家族その他の大切な人に残すことが出来る ・相続トラブルの予防に役立つ といった点です。 では、どのような方が遺言書を書いた方が良いので・・・

遺言書でどんな事が出来るの?

生前に遺言書を残す方が増えてきています。 遺言書を自分で書こうとする場合、 ・どのような内容を遺言書に盛り込めばいいのか ・遺言書で何が出来るのか について知りたい方は大変多いと思います。 遺言書を書くことで何が出来るの・・・

遺言書を書いた方が良い理由とは?

遺言書は、大切な家族の方へ向けた最後の手紙です。 遺言書を書くことで、自分の気持ちを家族へ伝えることができます。 この他にも、遺言書を書くことによりメリットが多くあります。 では、遺言書を書いた方が良い理由とは何なのでし・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ