「相続関係説明図」の記事一覧

相続関係説明図に死亡した人物の記載は必要?

故人の遺産に不動産が含まれる場合、相続登記が必要です。 相続登記申請の際には「相続関係説明図」という親族関係を表した図を法務局に提出します。 今回の遺産相続の対象者(被相続人)以外で、既に死亡している親族がいる場合があり・・・

相続関係説明図は手書きでも大丈夫?

故人名義の不動産があるときは、不動産の名義変更手続きが必要です。 この名義変更手続きのことを相続登記といいます。 相続登記は法務局に対して申請する手続きです。登記申請する際には、事前に書類の準備が必要となります。 法務局・・・

相続関係説明図(特別受益者)の書式、書き方

(特別受益者の前提知識) 特別受益者=被相続人から生前に特別の受益を受けた相続人(住宅資金を出してもらった、生前贈与を受けたなど)のことを特別受益者といいます。 相続人に特別受益者がいる場合、遺産分割協議での中で分配方法・・・

相続関係説明図(持分)の書式、書き方

遺産相続は様々な事例があります。 ・故人が不動産を持分所有しているケース (所有権の2分の1割合を所有) ・ひとつの不動産を複数人で共同相続するケース (不動産をA2分の1、B2分の1ずつ相続する) などが「所有権全部」・・・

相続関係説明図(代襲相続)の書式、書き方

故人の相続開始以前に推定相続人が先に死亡しているケースを代襲相続といいます。 【代襲相続の具体例】 ・被相続人の死亡前に子が死亡しているとき →この事例では、被相続人の孫が子を代襲して相続します。 (孫が代襲相続人となる・・・

相続関係説明図(数次相続)の書式、書き方

第1の相続発生後、相続登記をしない間に二次相続が発生してしまう事例を「数次相続」と呼びます。 数次相続の場面で故人の遺産に不動産が含まれるときは、相続登記の申請が必要です。 相続登記の添付書類となる「相続関係説明図」につ・・・

相続関係説明図(養子縁組)の書式、書き方

故人の遺産に不動産(土地・建物)がある場合、相続登記が必要です。 このページでは「養子縁組がある場合の相続関係説明図」について紹介いたします。 不動産の名義変更(相続)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続きを進め・・・

相続関係説明図(離婚・再婚)の書式、書き方

遺産に不動産があるときは、法務局に相続登記の申請が必要です。 このページでは相続登記の際に必要となる「相続関係説明図」について解説いたします。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記・・・

相続関係説明図(兄弟姉妹)の書式、書き方

故人の遺産に不動産が含まれる場合、法務局への相続登記の申請が必要です。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記)をするとき、相続関係説明図を作成しなければいけません。 相続関係説明図・・・

相続関係説明図の書式、書き方

故人の遺産に不動産が含まれる場合、法務局への相続登記の申請が必要です。 相続登記の際に法務局に提出する書類は、あらかじめ定められています。 相続登記(名義変更)には相続関係説明図が必要! 不動産の相続手続き(相続登記)を・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ